記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
鼻がムズムズ、くしゃみに鼻水、そんな不快な症状は誰しも経験があるのではないでしょうか。今や多くの方がこのような症状をくりかえし、悩まされているのです。

今回はこの国民病ともいえるアレルギー性鼻炎に、一体どんな対策が効果的なのか、医師に解説していただきました。

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギーの原因物質(スギ、ブタクサ、ハウスダスト、ダニ、ペットの毛など)によって、
・くしゃみ
・鼻水(サラサラした水のような鼻水)
・鼻づまり
の症状がでて、くりかえす病気です。つまり花粉症もアレルギー性鼻炎の一つなのです。

また、季節性の症状であるか、一年を通して症状があるかどうかで、原因を推定することができます。

季節性→花粉症(スギは春 ブタクサは秋)が原因であることが多い
通年→ハウスダスト、ダニ、ペットが原因であることが多い

生活ではどんな点を気をつけたらよい?

【ダニ、ハウスダスト】
・室内を清潔に保つ。こまめに掃除機をかける
(床面1平方メートルあたり20秒かけてしっかりと!)
・枕、ふとん、ベッドマットにはダニを通しにくいカバーをかける
・寝具は日光に干した後、掃除機でダニやほこりを吸い取る
・湿度50%、室温20~25℃を保つよう努力する
・可能であれば、カーペット、畳ではなくフローリングにする
・布張りのソファーはダニが発生しやすいので革張りのソファーの方がよい

【花粉に対して】
・花粉情報に注意して、飛散が多い時は外出を控える
・飛散が多い時は窓を閉める
・飛散が多い時に外出する場合は、マスクや専用のメガネを使用する
・帰宅時に衣服をよく払ってから家の中へはいる
・柔軟剤や花粉をつきにくくするスプレーなどを活用する
・帰宅後すぐにうがいをしたり、入浴して髪の毛について花粉などを洗い流す

【ペットについて】
・こまめに掃除をして清潔な環境にする
・窓をあけるなど、通気のよい環境にする
・ペットに定期的にシャンプー、ブラッシングをして、清潔に保つ
・ペットのケージも清潔に保つ
・可能であれば、庭など屋外で飼育し室内(特に寝室)へ入れないようにする

治療にはどんな方法がある?

まずは原因となるようなものを避ける、上記のような工夫が必要とされますが、その他に薬物療法、特異的免疫療法、手術療法などがあります。

・症状に対しての薬物療法
飲み薬は抗ヒスタミン薬をはじめとする、アレルギーによる炎症を抑えるお薬が使用されます。鼻噴霧用のお薬ではステロイド薬が使用されます。鼻づまりがひどい場合は点鼻用の血管収縮薬が使われることもあります。

・アレルギーをおこしにくくする特異的免疫療法
アレルギーの原因物質から抽出したものを、ごく少量ずつ長期間投与して、身体を慣れさせて、アレルギー反応を起こさないようにする治療です。これまで注射でおこなわれていたのが、舌の裏に薬を滴下する方法でおこなうことができるようになりました。

・手術
点鼻用血管収縮薬などを使っても、ひどい鼻づまりの症状が改善されない場合などに検討されます。

≪手洗い、うがい、しっかり習慣化できていますか?≫
風邪知らずの冬を過ごすために!正しい「風邪予防習慣」チェック

【医師からのアドバイス】

増え続けているアレルギー性鼻炎、その原因は
・建築物の気密性が高まったこと
・掃除の回数が減ってハウスダストやほこりが増えたこと

スギの花粉症に関しては、戦後に植林されたスギが花粉を沢山だすような樹齢を迎えたことなどがあげられています。生活習慣の改善により、少しでも症状を和らげたいものですよね。これまで、症状を抑えることが治療のメインでしたが、徐々に花粉などに対してアレルギーをおこしにくい体質をつくる治療へと、進歩もみられている分野でもあります。まずは、耳鼻咽喉科でご相談いただいて、原因を特定し、ご自身にあった対策や治療を選びましょう。

(監修:医師 あい先生)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス