記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ヨーグルトはここしばらく、ずっと話題の食材の一つですよね。豊富に含まれる乳酸菌による、便秘改善効果やカルシウム、良質のたんぱく質などの栄養成分はもう知らない人はあまりいないと思いますが、それ以外にも最近では美容目的で使われることが増えてきているんです。

その一つが「ヨーグルトパック」です。「食べる」イメージが強いヨーグルトを顔に塗ってしまう、というのは何となく抵抗があるという方も最初は多いかもしれません。しかし、食べられるほど安全な添加物の少ないものをお肌に使う、という安心感もありますし、冷蔵庫のおなじみさんの一つであるヨーグルト、安価で思いついた時に手軽にできる、という点もとっても魅力的ですよね。

今回はそんな気になるヨーグルトパックの効果について、医師に解説していただきました。

ヨーグルトの美白&美肌効果とは?

ヨーグルトにはAHAと呼ばれるフルーツ酸が含まれていて、皮膚の表面にある古い余分な角質をはがす役割があるといわれています。このAHA、どこかで聞いたことがあるな、と思われた方もいるのではないでしょうか。そうです、少し前から話題の美顔術、ケミカルピーリングに使われる物質です。ケミカルピーリングのマイルドバージョンと考えると、美白やシミ、うっかりしてしまった夏の日焼けも薄れさせる効果も期待できそうですね。

また、ヨーグルトはみなさんご存知の通りとっても栄養豊富な食材。ヨーグルトに含まれるビタミンB群はお肌の健康なターンオーバーをサポートし、反対に不足するとニキビなどもできやすくなるといわれています。もちろん、あらゆるタイプのお肌のケアの基本ともいえる保湿効果もヨーグルトパックには期待できます。汚れをヨーグルトパックによって吸着することで、毛穴もきれいになるといわれています。

ちょい足しで思わず食べたくなる? 簡単ヨーグルトパックの方法!

こんなに効果がいっぱいのヨーグルトパック、ぜひやってみたいと思いませんか?

方法としては、もちろん、プレーンヨーグルトをそのまま塗ってもよいですし、小麦粉などで少し硬さを出して、塗りやすくしてから使う方もいらっしゃるようです。はちみつや、豆乳などを混ぜて、美肌効果をアップしてから使う方法もあるといわれ、ご自身の肌のニーズに合わせてアレンジは無限にあるともいえそうですね。ただ、注意が必要な点は、ケミカルピーリングにやや似た効果があることから、頻繁に行うのは禁物角質がたまってくすんできたなと思われるときだけにしましょう。

≪あなたの肌年齢…何歳?脱・カサカサ砂漠肌!≫
1分で簡単チェック【肌乾燥度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

先に述べましたように、ヨーグルトパックにはピーリングに似た効果があるため、ケアをした後しばらくは、いつも以上に日焼けには注意し、念入りなUVケアでお肌を守ることが大切です。
一つしかない私たちそれぞれのお肌、ナチュラルなお手入れで一層輝かせたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス