貯金したいけれど、全然お金が貯まらない!そんな方はいませんか?貯金をするために「よし!家計簿をつけてみよう」という方は、意味がないのでぜひやめてみてください。

家計簿は実は意味がない!

お金を貯めるためにマネープランを見直した方がいいと家計簿を推奨する方もいますが、自分のお金がどこへ消えていっているかは大体わかるものです。また、毎回の収入支出の家計簿をつけたところで、それを見直して計画を練る場合はほとんどありません。

プランニングができる方は、お金がない!と焦ることはまずないのではないでしょうか?

では、一体どうしたらいいの!?

そうなんです。家計簿をつける意味がないなら、どうしたらいいと思いますか?もちろん、何もしなくていいわけではありません。

お金を貯める&節約にもっとも大切なことは「いくら使ったかではなく、いくら使えるか」を考えることです。

支出の額をカウントしたところで、使ったものはもう取り戻せません。後悔して財布のヒモを引き締めることはできますが、ただただ家計簿をつけているだけではお金はまったくたまりませんよね。

いくら使えるのかを考える!

大切なことは今、いくら使えるかを考えることです。

給料日から次の給料日の間でお金をやりくりしているご家庭が多いと思います。
その間に、

・貯金がいくら
・家賃がいくら
・食費がいくら
・娯楽費がいくら
・交際費がいくら

と仕分けをしてみてください。

家計簿をつけるよりは、自分が決めたお金の振り分けで次の収入日まで頑張る!と意気込む方が確実にお金は貯まっていきます。

貯金は絶対に引き出さない!

さらに、お金を仕分けした後は、絶対にその中でやり繰りすると決めることが大切です。ないものはないと割り切って、どうやったら生活できるのかを考えた方が節約も上手くいきますよ。

給料日前になるとつらいときもありますよね。でも貯金だけは絶対に手をつけないでくださいね。1度でも使ってしまうと、あとはあれよあれよとなくなります。

「いくら使ったかではなく、いくら使えるかを考える」

貯金と節約のポイントは「いくら使ったかではなく、いくら使えるかを考える」ことです。

ちなみに筆者はこのスタイルで1年くらいで100万貯めました。若いときなので決してお給料は多くありませんでしたが、結婚資金をためるためにストイックに切り詰めていました。

節約したい方は家計簿をつけるより、自分がいくら使えるかを考えてマネープランを立ててみてください。

この記事を書いたユーザー

uritted このユーザーの他の記事を見る

かいじゅう2人の子育てをしながら、気になることを記事にしています。子育て、夫婦ネタを中心に生活に関わることをご紹介したいと思っています。ぜひ暇つぶしがてらに眺めていってください。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • グルメ
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス