最近、ネットニュースなどでノーバンという見出しをよく見かけるようになったと思いませんか?実は、このノーバンに翻弄されてしまっている人がたくさんいるんです…。

最近多い“ノーバン見出し”

プロ野球の始球式でアイドルなどの有名人がマウンドに立つたびに、新聞紙面やネットニュースでは「ノーバン」の見出しが目立つようになりました。なかにはノーバンを「ノーパン」と間違えてクリックしてしまい、がっかりする人も…。それほどノーバンの見出しが氾濫しているんです。

騙された人も多いんです…

ニヤニヤしてしまう気持ちもわかります。

たぶん、いないのではないでしょうか?

これだけあれば、ひとつくらい本当であることを期待したいですね。

ノーバン始球式とは

野球の始球式における様式美の一つ。

アイドル、有名人が始球式を務める際、「ノーバウンド(ノーバン)」でキャッチャーミットに届くか否かという点が注目される事もあり、「ノーバン始球式」「ノーバンならず」といった見出しがスポーツ新聞を賑わせる。

「ノーパン」と空目した人々がこの見出しに釣られる事も多く、定期的にこの語句が用いられている。

出典 http://d.hatena.ne.jp

ノーバン、ノーバンと言っていますが、何のことかというとノーバウンドのことなんです。ですから、始球式でアイドルたちがノーバウンドでボールを投げたということが、正しい解釈なんです。

ネット利用者の増加も関係し、「ノーバン」表記が年1件だったのが20件に

2000年代にノーバン見出しを使っていたのはスポニチ1社のみ。それも、多くて年1件という状況でした。しかし、2010年代に入るとネット利用者の増加と相まって、各社が参入。年々その数を増やし、今年はすでに20件に達しています。

出典 http://ameblo.jp

特にネットだと「パ」「バ」の判別がしにくいときがありますよね。文字が小さいとよけいに間違えてしまう確立も上がってしまいます。それにしても、そんなにノーバンという言葉が使われていたことに驚きです!

わざわざ見出しにするほどニュース性はあるのかという声も

アイドルが始球式をノーバウンドでこなしたという情報に、わざわざ見出しにとるほどのニュース性はあるのかという声も上がっています。たしかに言われるとそうですよね(笑)

わかっていても確実に騙されてしまうんですよね…。

男性がやるとノーバンという言葉が使われないなんて、完全に狙っていますね。

編集デスクも「ぶっちゃけ狙っている」と証言

「パ」と「バ」は間違えやすい、ということを思いついた人がいたんですね。どこから始まったかは定かではないんですけど、この1年、1年半ぐらいはやっているのは確かです。  

――ぶっちゃけ、狙ってますよね? 
はい、そうですね。半分以上は。ほとんど、女性の時しか使っていないのではないでしょうか。ただ、はやりすたりもあって、最近はあまり使わなくなってきていますね。

出典 http://ameblo.jp

やはり狙ってやっていたようです。でもあまり使いすぎると飽きられるということも考えているようですね。たまに見るからこそノーバンの効果が発揮できるのかもしれません。

これまでに“ノーバン見出し”がついた記事の数々

「橋本環奈ノーバン 天使すぎるセーラー服始球式」

出典 https://twitter.com

天使すぎる橋本環奈さんのセーラー服での始球式は、やはり注目度も高かったです。清純なイメージの橋本さんのギャップに期待した人も多いかもしれませんが、もちろん「安心ください、履いてますよ!」

「白石麻衣が悲願ノーバンで満面の笑み、何度もジャンプして大喜び。」

出典 http://blog.nogizaka46.com

乃木坂46の中心メンバーとして活躍中の白石麻衣さんもノーバン始球式に挑戦していました。ノーバンに続き、「何度もジャンプして大喜び」がもう狙っていますね。素晴らしい見出しに期待が高まりますが、そのぶんがっかり度も増してしまいます…。

「米倉涼子、「過去最高」ノーバン始球式」

出典 http://kurasikiar.exblog.jp

女優・米倉涼子さんのノーバン始球式。「過去最高」という見出しに興味がそそられます。デニムのショートパンツで期待値も高まりますが、もちろんノーパンではありません。でもこの写真を見ると、ちょっとありえそうな気がしちゃいますね。

わかっていながらも、騙されてクリックしてしまった人たち

うんうん、わかります。わかっていてもやはりクリックしてしまうんですよね。

何回も騙されてしまう自分にショックを受けるんですが、やはりまた見てしまいます…。

うっかり騙されたことで、体調を崩される人まで現れてしまいました。罪深いですね~。

きっとまた騙されるでしょう!(キッパリ)

「ノーバン」と「ノーパン」。わかっていても、やはり騙されてしまうんですよね。

それはもうしょうがないと、きっぱりとあきらめたほうが良いかもしれません。でも、もしかしたらつい騙されてしまうのもまんざらでもないのかも…!?

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス