記事提供:バズプラスニュース

2015年12月18日、ついに公開されるSF映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(以下 スター・ウォーズ)。事前予約でチケットを購入した人もいるはずだが、本当にその劇場で良いのだろうか?

というのも、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の一部はIMAXカメラで撮影されており、劇場によっては、部分的に映像をカットして上映される可能性が極めて高いからだ。

・監督が意図した真の『スター・ウォーズ』

ほとんどの劇場が2Kデジタル上映のため、映像レベルとしては低ランクに近いものとなっている(あくまで映像クオリティの面での説明であり、作品が楽しめない訳ではないので誤解なきよう)。

・映像の上下を切り取って映す

IMAX設備のある劇場では、2Kデジタル上映よりも高精細な映像が楽しめる。しかし、それでも監督が意図した映像美を楽しめる真の『スター・ウォーズ』を観られるとは限らない。

『スター・ウォーズ』の一部は70mmフィルムのIMAXカメラで撮影された。通常のIMAXスクリーンではアスペクト比が合わず、映像の上下を切り取って映す可能性が極めて高いのだ。

・日本では2館のみ

監督が意図した映像美で真の『スター・ウォーズ』を観る事ができるのは、日本では109シネマズ大阪エキスポシティのみである。以下は、各劇場のクオリティである。

・各劇場の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のクオリティ

4Kx2 IMAX上映 最良←大阪エキスポシティのみ

~~~越えられない壁~~~

2Kx2 IMAX上映
(巨大)優良←成田IMAXデジタルシアター等

2Kx2 IMAX上映
良←IMAXスクリーンのほとんどがこれ

2Kデジタル上映
普通←TOHOシネマズの通常スクリーンを含む多くの劇場

※TOHOシネマズをはじめとした、通常のスクリーン設備がある劇場に問い合わせたところ、ほとんどが「2Kデジタルでの上映」とのことだった。IMAX設備がないスクリーンの場合は2Kデジタル上映が基本のようだ。

・IMAXのなかでも巨大スクリーンかつ迫力ある演出

成田IMAXデジタルシアターはスクリーンサイズが24.5m×14mなので、IMAXのなかでも巨大スクリーンかつ迫力ある演出が堪能できる。日本最大級のサイズを誇るIMAXスクリーンだ。

しかし懸念点がひとつだけある。設備が他のIMAXスクリーンと同じ「2Kの映写機を2台」となっており、映像が2Kなのだ。残念だが、映像の上下を切り取って映す可能性が極めて高い。

・IMAXツインレーザー映写機

より忠実に、監督が意図した映像美で真の『スター・ウォーズ』を観る事ができるのは、109シネマズ大阪エキスポシティだけとなる。

こちらは最新鋭のIMAXツインレーザー映写機(4K)を使用しており、成田IMAXデジタルシアターよりも約4倍も高画質。スクリーンサイズも巨大。映像の上下を切り取らずに、日本で唯一、ピュアなサイズで上映される。

あなたが本当に『スター・ウォーズ』のファンだというのであれば、109シネマズ大阪エキスポシティで観る選択肢しかない!?

・IMAXカメラの70mmフィルムで撮られた作品を上映する場合の表示範囲

70mmIMAX→すべての映像情報を表示して上映

IMAXツインレーザー→すべての映像情報を表示して上映

IMAX→上下の映像情報をカットして上映

普通のシアター→上下の映像情報を大幅にカットして上映

・『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』おすすめ劇場ランキング

1位 109シネマズ大阪エキスポシティ

2位
成田IMAXデジタルシアター

3位
ユナイテッド・シネマ としまえん

4位
109シネマズ川崎

5位
その他多くのIMAXシアター

・日本では不可能

だが、ここにきて悲しいお知らせをしなくてはならない。究極的な意味で監督が意図した映像美で真の『スター・ウォーズ』を観たいのならば、日本では不可能。海外に行くしかない。

・3Dという時点で最高の映像とはいえない

その理由はふたつある。まず、109シネマズ大阪エキスポシティは3D上映のため、2D撮影された『スター・ウォーズ』の真の映像美を楽しむ事ができない。

2D上映されてこそ、本来の美しさを堪能できるのだ。よって、3Dという時点で最高の映像とはいえない(美麗なのは間違いないが)。

・色味や画質に変化が出る

もうひとつの理由はこれ。日本にはIMAXフィルムをそのまま上映できる劇場がなく、一部がIMAXカメラで70mmフィルム撮影された『スター・ウォーズ』をそのままのクオリティで観る事ができない。

たとえ109シネマズ大阪エキスポシティでも、デジタル上映の時点で「監督が意図した色あいと画質」で見ることは不可能。フィルムからデジタルに変換する時点で、色あいや画質に変化が出るからだ。

・台湾台北市のIMAXシアター

ならば、日本に近いアジアの国では「真のスター・ウォーズ」を観ることができるだろうか?

調べたところ、台湾台北市のIMAXシアターが画質とスクリーンサイズにおいてトップクラスの設備を整えていたが、フィルムではなくデジタル上映であり、残念ながら日本や台湾では「真のスター・ウォーズ」を観ることはできないようだ。

※2015/11/20:一部内容を修正・加筆いたしました。「監督が意図した真の『スター・ウォーズ』を観られる劇場は日本に2つ」ではなく「日本に1つ」でした。修正と加筆をし、お詫びいたします(Buzz+編集部)。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス