Licensed by gettyimages ®

子供を産めるのは女性しかいない、と思っていませんか?
実はこの常識が5年以内に変わる可能性が出てきました。

南カリフォルニア大学のカリーヌ・チャン博士によると、5年、10年もしないうちに男性も子供を産むことが出来るようになるというのです。

もしそれが本当ならば今までの生活が大きく変化するかもしれません。
今回はどのように男性も子供を産むことが出来るようになるのかを紹介したいと思います。

Licensed by gettyimages ®

クリーブランドクリニックが、子宮を持たずに生まれた女性に子宮の移植手術をし、それが成功した時ある疑問が生まれました。

「はたして男性にも子宮移植できるのでないのだろうか?」

今日トランスジェンダーの人々への治療の発達により、男性の体を女性の体に近づけるために様々な事が出来るようになりました。
そんな中でも難しいといわれていた子宮移植。
今回はそれが成功したことで、男性でも赤ちゃんを産むことが出来るようになる可能性がでてきたのです。

Licensed by gettyimages ®

しかし移植し、出産するには様々な問題があります。


まず初めに、移植手術はとても難しく危険を伴います。
スウェーデンではすでに子宮移植によって5人の女性の妊娠に成功しましたが、まだまだ安全であるとは言い切れません。

そして男性には、女性にはある、出産のための機能である子宮に血液を送る血管やホルモンがありません。

しかし「今後の研究次第では、これらの問題を克服するのも難しくないでしょう」
とカリーヌ・チャン博士は言います。

チャン博士がこのように言えるには3つのわけがあります。

Licensed by gettyimages ®

1.ホルモン治療により男性ホルモンを止め、妊娠に必要な女性ホルモンを導入することが出来るようになった

2.男性には子宮を育てるために必要な動脈や静脈がないが、それの代用となる治療ができるようになった

3.子宮を支える膣部分がない代わりに、移植した子宮を骨盤の靭帯と繋ぐことができるようになった

様々な治療法が確立される中おそらく一番の問題になるのは、金銭の問題です。

Licensed by gettyimages ®

移植にはとてもお金がかかります。その金額は角膜移植の250万円から心臓移植の1億3000万まで様々です。

つまり裕福な人しかこの移植手術はできないかもしれないのです。

また、この治療法は研究段階であるので長期的にみた健康問題や、倫理的なことなど問題が沢山あります。

しかし、この治療が確立されることでトランスジェンダーの人々も子供を産むことが出来るようになるのです。

トランスジェンダーのマッギンは言います。
「女性しか妊娠し母になることができないなんて、深刻な問題だわ。だってトランスジェンダーの私は、ほかの女性と全く違わないのだもの」

様々な問題がある一方で、希望も生まれる男性の妊娠。
女性にしかできないと思われていた妊娠出産が出来るようになることで、多くの事が変わっていくでしょう。

そしてそう遠くない未来で、男性の妊娠が可能になるかもしれないのです。

あなたは男性が子供を産めるようになるかもしれないことについて、どう思いますか?

この記事を書いたユーザー

R.N.N このユーザーの他の記事を見る

アメリカに留学中の大学生です。日々の暮らしで見つけた面白い発見を記事にしていきたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス