結婚するのが難しいという現実はある

男女とも40歳以上になると、初めて結婚する人の割合が一桁に落ち込みます。

40~44歳 6.2%(男性) 3.4%(女性)

出典 http://blogos.com

※分母を全年齢における、結婚した独身男性として算出しています。

45歳以上になると、ひと目、絶望的な数字になります。

45~49歳 2.0%(男性) 0.8%(女性)

出典 http://blogos.com

同年代の男女の数を比較した場合、20代~40代まですべての世代で、男性の数が女性の数を上回ります。これが何を意味するかというと…もともと男性は結婚に対して、不利な状況にあるということです。

したがって、本気になって正しい手を打たないと、結婚はできません。

恋愛や結婚に対する幻想は捨てる

結婚や恋愛に妙な幻想を抱いていませんか?

「出会いがない」と嘆く男性は、恋愛に妙な幻想を持ちすぎている。

出典 http://biz-journal.jp

なかなか結婚できない男性は、結婚は「こうでなければいけない」という、柔軟性を欠いた考え方を持っていることが多いようです。

結婚はゴールではなくスタートと考えるのだ。

出典 http://biz-journal.jp

自分の結婚に対する考え方を、一度、疑ってみてはいかがでしょうか?「違う考え方はないのか?」と考えてみてはどうですか?

たとえば、結婚はゴールではなくて、スタートだと考えてみては?ゴールだと思うから、慎重になりすぎるのだと思います。

20代の女性を狙うのはやめる

20代の女性を狙うのはやめましょう。

44歳男性は29歳女性を希望しているようだ

出典 http://nyaaat.hatenablog.com

あなたは有名人ではないのです。勘違いしてはいけません。

彼らは芸能人のような20代女性との“年の差婚”を夢見るだけで、これほど明快な事実にすら向き合えないのです。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

「若い女性と結婚できなければ、結婚しなくてもいい」と考えていれば、結婚はできないでしょう。自分が「選ぶ」という意識が強すぎると、結婚はできません。自分も「選ばれる」という意識を持ちましょう。

自分の立場だけではなく、相手の立場からも考えてみることです。

「数」を撃てば当たる確率は高くなる

単純な事実ですが、「数」を撃てば当たる確率は高くなります。

結婚できない理由は女性との出会いが無いだけなのです。

出典 http://za-sh.com

出会いの場を最初から「これだけ」と決めない方がいいでしょう。とりあえず、チャンスがあれば積極的に顔を出してみましょう。そうしているうちに、自分に合う・合わないがはっきりしてきます。その段階で絞ればいいのです。

さまざまな出会いの場に顔を出すこと

出典 http://www.yomiuri.co.jp

婚期を逃した男性が、スペック勝負で他の若い男性に勝つのは難しいと思います。「書類選考」の段階で落とされて、なかなか「面接」までたどり着けないと思います。

大人だからこそ、年齢や収入などではなく、お互いの人柄や共通点などをきっかけにして距離を縮めるほうが「急がば回れ」なのです。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

したがって、「直接会える場」を利用した方がいいかもしれません。

これだと、(あからさまな)スペック勝負にはなりません。人柄や人間性に惹かれる…ということは、ありますよね。

他者の助けを借りる

他者の助けを借りましょう。

彼らは自分が「自然な形では結婚できない年代に入った」ことを受け入れていないのです。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

結婚できない男性の中には、「人の助けは借りない」と突っ張った考え方を持っている人が、比較的多いような気がします。この際、余計なプライドは捨てましょう。

まずは、「結婚したい」という意思をまわりの人に示しましょう。

そうすれば、「助けてあげよう」という人が手を挙げると思います。もともと人は、困っている人がいれば助けたいという気持ちを持っています。それが知人や友人であれば、なおさらのことです。素直になれば、助かることはあるのです。

助けてもらったら、あなたがまた誰かを助ければいいのです。

費用を惜しまない

ここで費用をケチってはいけません。

大事なのは金銭そのものではなく、自分のためにどれだけ身を切れるかなのです。

出典 http://za-sh.com

婚活にかかる費用というのは、いわば自分に対する「投資」です。投資なので、当然リスクがあります。無駄になることもあるでしょう。というよりは、無駄になることの方が多いと思います。それでも投資をやめてはいけません。

10にひとつ当たればいいというぐらいで、投資しましょう。9つ無駄になっても、ひとつ当たればいいのです。90%は無駄になりましたが、ひとつを掴むためには必要な無駄だったのです。

婚活では、「自分のために投資できるか?」が問われるのです。

まとめ

婚期を逃したかも…と思う男性が、結婚にたどり着く方法をまとめました。

1)恋愛や結婚に対する幻想は捨てる
2)20代の女性を狙うのはやめる
3)「数」をこなす
4)他者の助けを借りる
5)費用を惜しまない

以上の5つです。

まずは、素直になることと、考え方を柔軟にすることが大事です。自分の立場だけではなく、相手の立場からも考えてみましょう。余計なプライドを捨て、特定の考え方に固執することはやめましょう。

まわりの人に、婚活をしていると告げましょう。友人や知人の助けは、どんどん借りればいいと思います。婚活にかかる費用は、自分に対する投資だと考えましょう。自分が大事であれば、ケチらず投資すべきです。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス