記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
足の臭いは気になるものですが、そもそもなぜ足は臭うのでしょうか? 靴の中や足の爪、足のヒフで、繁殖した多量の雑菌が出す排泄物による腐敗臭と、白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる細菌感染による水虫が、臭いの最大の原因です。

では、なぜ足にそのような雑菌や白癬菌が多量に繁殖するのでしょうか? 医師に詳しく聞きました。

足の臭いのメカニズム

雑菌や白癬菌が発生するのは、足の裏に密集している汗腺(かんせん)と呼ばれる汗を出す器官が関与しています。エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2種類の汗を出す器官(汗腺)は、体中にありますが、特に足の裏に密集しています。

そして、足の裏は毎日びっくりするほどの汗をかいています。足のにおいの最大の原因である、雑菌やバクテリア、白癬菌は、このエクリン腺とアポクリン腺から分泌される汗をエサにして、繁殖し、それが足の臭いとなるワケです。

ここから発表!“足が臭い女子”の3つの共通点

共通点① 靴下をはかずに靴を履く女子

Licensed by gettyimages ®

靴下をはかずに素足で靴を履くと、汗を吸収してくれるものがないので、靴の中が蒸れてしまい、足が臭くなります。

共通点②:炭水化物をよく食べる女子

Licensed by gettyimages ®

ご飯やパスタ、パンなどといった炭水化物の摂取が過剰になると、汗の臭いをヒドくする原因になってしまいます。

共通点③:足裏をよく洗わない女子

Licensed by gettyimages ®

足の裏を清潔にしていないと雑菌やバクテリアを増殖させます。また、もしかしたら白癬菌がひそんでいるかもしれません…。

以上のようなことに毎日気をつけて、足を清潔に保ち、臭いから足を守ってあげましょう。

ちなみに…

汗は「冬」の方が臭いやすいって知ってた?

汗をかきやすい夏場の方が体臭を気にする人が多いですが、じつは厚着をする冬こそ臭いが気になる時期なのです。体臭は汗の臭いではなく、たんぱく質や皮脂、汚れ などが混ざった汗を細菌が分解したときに発生します。

夏は比較的通気性がよい薄着で過ごすため、ワキガ臭などはアポクリン汗腺が分泌される度に少しずつ汗と一緒に流れ出しますが、冬は、何枚も重ね着をする上に素材も通気性が悪く断熱性の高い衣服が中心となりますので、ワキなどのムレやすい部位では、臭いが濃縮されがち。この溜まった臭いが上着を脱いだ時などに一気に放出されるので、臭いも強く感じられるのです。

また、暖かいブーツも悪臭の温床になりえます。ブーツは密閉状態ですので中は温度、湿度が高くなり汗もかきやすくなっています。そして足裏から出る汗などを栄養源として、高温多湿を好む細菌がどんどん繁殖して悪臭を出してしまうのです。

さらに暖房がきいた空間では、窓を閉める環境が増えることから、湿度も高くなりやすく細菌が増える環境になりやすいといえます。

汗をかきやすい場所は、できるだけ清潔に保ち、汗をかいた場合は、ふける部位であればこまめに拭き、ニオイがきつくならないようにすると良いでしょう。


Doctors Me 編集部おすすめコラム】

わきがは食生活で防げる?わきがにならないための食事法!
【すそワキガ】をご存じ? デリケートゾーンのニオイが気になる人、必見!
体のニオイが気になる季節。臭いを抑制する【食べ物6選】
体臭を消すにはコツは○○にある? 体臭を抑える方法とは!?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス