記事提供:まぐまぐニュース!

サラダを作ったり、野菜の天ぷらを作るとき、「輪切り」にしますよね。でも、細長い野菜を切るときはどうしても端っこが邪魔になるため、大きめに切って捨てなくてはいけないから少しもったいない気も…。

実は、その野菜の端っこ、もっと有効活用できるんです!無駄を少なく、かつ、見栄えを良くする輪切りの方法を、メルマガ『独身男性が自分で作る簡単!腹いっぱい!ガッツリレシピ』が紹介しています!

野菜の端っこが無駄なく切れる方法

gatugatu佐藤です。

今回は、「野菜の端っこが無駄なく切れる方法」を伝授します。

出典 YouTube

例えば、さつま芋を天ぷらにしたい時、端っこから輪切りに切っていきますよね?例えば、千切りキャベツのサラダに胡瓜を3枚カッコ良く添えたい。

胡瓜も端っこから輪切りに切って使いますよね?で、さつま芋や胡瓜を端から切るとどうしても小さくなって、形もブサイクになります。

それに綺麗な輪切りの形に合わせようとすると斜めにきるので端っこの部分を多く切り捨てると思います。捨てる部分が多いとやっぱりもったいないですよね。

ですが!

あなたが「野菜の端っこが無駄なく切れる方法」をマスターすると…、

さつま芋や胡瓜の端っこ真ん中の部分と同じサイズに切ることができます。小さくなりません。

若干、形が変わって輪切りではなくなりますが、普通に端っこを輪切りにするより綺麗な形に切ることができます。

なので、料理の見栄えがよくなります。なにより、切り落として捨てる部分が少なくて済みます。野菜が無駄なく使えるってことです。

この方法は、特殊な包丁を使うわけでもなく、特別な技術もいりません。家庭で料理する時も簡単にできる切り方です。この方法、私が若い時におやっさん(料理の師匠)から伝授された方法です。

端っこなのに綺麗な形に切れるので、お店のちょっとした簡単な料理でも見栄えがよくなり、お客さんも「うわ~綺麗!」と喜んでくれたことも多々ありました。

私は、この切り方、家で料理する時も多用します。なので、いつも野菜のヘタを出す量が少なく、野菜の無駄が最小限にできて、生ゴミも少ないです。

さっそく、その「切り方」を詳しく説明していきます!

1、 長い輪切に切ろうとすると端っこを鋭角に切る必要があります

そうすると切り捨てる部分が多くなります…(もったいない!)。端っこの輪切にした胡瓜は形も最悪、サイズも小さくなります。

2、 なので、一番端のヘタを最小限に切り落とし、次に、4~5cmの長さで斜めに切り落とします。

3、 それを縦にしてスライスします。

胡瓜の太さによりますが、4~6枚に切れていると使いやすいです。

4、 輪切ではないですが、写真のような綺麗な形の胡瓜にできました

ヘタも少量、無駄がないです。

5、 「サツマイモを天ぷらにする!」これも大き目の輪切にしようとすると端っこを大きく切り落とさないといけません

6、 もったいないので、ヘタをぎりぎりで切り落とし端っこの部分を使おうとするとどうしても小さくなり形もブサイクです

7、 そこで!胡瓜と同じように4~5cm(サツマイモの太さで変化します)の長さで斜めに切り、それを縦切りにします

(先に真ん中の輪切りを切っておいてその輪切りの厚みに端っこの部分の厚みを合わせると同じ大きさに切れます)ヘタも最小限にできます。

野菜の端っこが無駄なく切れる方法」は、あなたが今晩作る料理からすぐに使える方法です。綺麗な形に切れて、野菜の無駄が減ります。

是非、覚えてやってみてください!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス