女性は彼との結婚を意識する

女性は適齢期になると、結婚を意識するようになります。

結婚する気のない相手と付き合うのは時間のムダ

出典 http://magazine.gow.asia

結婚に結びつかないのであれば、つき合っても意味がない…と考えます。

私は「結婚してもよいと思える相手でないと付き合う意味がない」と考えています。

出典 http://www.koibita.com

出産や育児のことを考えれば、ある意味当然のことです。出産の(年齢的な)リミットがある女性の場合は、それが比較的緩い男性の場合とは事情が違います。

男性も彼女との結婚を意識することはある

もちろん男性も、つき合うときに結婚を意識することはあります。

「40歳までには結婚する」など目標を決めている人もいます。

出典 http://ikejo.net

ひとつは、結婚に対する年齢的なリミットが近づいており、気持ちが結婚に傾斜している場合です。「早く結婚しないと…」という焦りがありますので、結婚できる相手と付き合いたいと考えています。

ずっと片思いをしていた相手だったり、運命的な物を感じたりすると、男性は「結婚前提に付き合いたい」と思うようです。

出典 http://ikejo.net

もうひとつは、特別な相手の場合です。

相手が好きで好きで仕方がない場合です。心が完全に相手に囚われている場合は、付き合うときから結婚を強く意識します。

男性は結婚を全く意識しないこともある

男性は、結婚を全く意識しない場合もあります。

長期間付き合っていても、その先に結婚を見ていない男性は多い

出典 http://magazine.gow.asia

女性と付き合っていても、その女性とは結婚するつもりがないのです。

28歳の彼氏がいますが、彼には結婚願望がまったくありません。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

その場合は、「今は誰とも結婚するつもりはない」、「そもそも結婚願望がない」などと女性に説明します。言い換えれば、あなたとは結婚しないという意味です。

男性は結婚はないと判断している

男性は、付き合い始めるときから結婚はない…と考えることがあります。

ただ私と結婚したくないのだけはよ~くわかります

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

つまり、男性は相手と「結婚しない」とわかっていても、付き合うことができるのです。付き合い始めてからそう思うこともありますが、いずれにしても、早い段階で結婚あり・なしの結論を出すことが多いようです。

※男性は気持ちのピークが最初にくるため。

未婚状態で自由を謳歌したい気持ちが強いので、 基本は結婚したがらない生き物です。

出典 http://koitanu.com

特にまだ若い男性は、自由を楽しみたいという気持ちが強くあります。したがって、結婚に目を向かせるのは難しいのです。※もちろん人にもよります。

彼の意思を見極めることが大事

結婚したければ、彼の結婚に対する意思を見極めることが大事です。

彼が結婚を考えている男性かどうか見極めることが大事ですね。

出典 http://magazine.gow.asia

付き合う前であれば、(彼の)結婚に対する考え方、見通しなどをよくリサーチすることです。女性の方から「結婚しない相手とは付き合う気がない」とハッキリ伝えることもひとつの手段です。

確認したい時は、 「結婚してくれないと別れる」と急かして、しばらく音信普通にしてみたりして、 ハプニングや危機感を演出して、嫉妬心や焦りを掻きたてて見ましょう。

出典 http://koitanu.com

すでに付き合っていれば、彼の気持ちを揺さぶってみることです。全く動じないようであれば、あなたと結婚する気はありません。

その場合は、潔くあきらめて次に向かうことです。未練があっても、そこは割り切りましょう。その潔い意思決定が、あなたの将来の幸せに繋がります。

まとめ

いつまで待っても彼からプロポーズがない理由を述べました。

女性と男性では、結婚に対する考え方が違います。男性の場合は、恋愛の気持ちの高まりのピークは前半にきます。付き合う前後がピークになるのです。そのとき、相手との結婚を全く考えていなければ、その後結婚に至る可能性は低いと思います。

したがって、女性は彼の結婚に対する意思を見極めることが大事です。もし、彼に結婚する意思が全く見られないような場合は、つき合いをやめておくか、すでに付き合っているのであれば、別れを選択した方がいいでしょう。

大事な時間を無駄にしないようにしてください。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス