皆さんは、「いとう写真館」をご存知でしょうか。今週末11月21日(土)〜23日(月祝)に原宿の写真店「WONDER PHOTO SHOP」にて撮影会が開催されます。写真館なのに期間限定なの?と思った方のために、その魅力と撮影会の詳細をご紹介します。

◆ いとう写真館って?

いとう写真館」は、写真家の伊東俊介さんによる出張写真館。日本各地のギャラリーやカフェなどで、ほぼ毎月撮影会を実施しています。どこかに店舗を設けているわけではなく、出張型なので期間限定というわけです。

今という時間を忘れないために 一枚の写真に残してみませんか。

将来あなたのそばにいる人たちのために。
幸せものでしたと伝えるために。
言葉で伝えることも大切だけど、
写真で伝えることも素敵だと思いませんか?
家族、友達、恋人と一緒に。もちろんあなたひとりでも。
縁あって今を過ごすひとたちと、縁あって今を生きるあなたを。
いとう写真館がお手伝いします。
あなたにしか残せない、世界でたった一枚の写真を。

出典 http://www.ito-photo.net

家族写真はもちろん、恋人や友だちと一緒に撮るのも、もちろん1人で撮るのもOK。今残しておきたいあなたと大切な人たちを、伊東さんが撮影してくれます。

いとう写真館の特徴は、モノクロフィルムで撮影すること。プリントも、一枚一枚信頼するプリンターさんの手作業による美しいプリントなんです。ですから、プリントの受け取りには少し時間がかかります。実際に受け取ったときは、デジタル写真にはないその美しさに感動するでしょう。

プリントの美しさだけではなく、撮影中の雰囲気や、切り取られた自分たちの表情なども好評。普段はデジタルカメラやスマホで撮影していても、年に1度は写真館で(しかもフィルムで)撮影するというのはおすすめです。そこには自分たちでは撮れない写真や空気があると筆者は思うからです。

◆ 11月21日〜23日に原宿で撮影会を実施

そんないとう写真館ですが、今週末の11月21日(土)〜23日(月祝)に東京・原宿にある富士フイルム直営の写真店「WONDER PHOTO SHOP」にて撮影会が開催されます。(※事前予約が必要です)

出典 https://twitter.com

更に撮影した写真で、写真年賀状を作ることもできるんです。富士フイルムの写真年賀状は印画紙仕上げなので、家のプリンターとは比べ物にならないくらい仕上がりがキレイ。今年の年賀状どうしようかな?家族写真を使いたいけどまだ撮ってない・使えそうな写真がないという方にもぴったりなんです。

出典 https://twitter.com

価格はこんな感じです。撮影+プリント1枚だと①の15,000円。写真年賀状を作る場合は別途印刷費やはがき代がかかりますが、写真館でフィルム撮影する(プリントも手焼き)と思えば決して高い金額ではないのではないでしょうか。

写真展も開催中とのことなので、今回はどうしようかなという方も、実際のプリントを見にいってみるといいかもしれません。

●お申し込みから撮影、お渡しの流れ

【1】ご予約
お電話またはご来店にて当店窓口まで、撮影日時をご予約ください。
※撮影日時のご指定は先着順となります。

【2】撮影
2015年11月21日(土)~23日(月・祝)の3日間
毎日11時~19時の間(事前予約制)
※撮影時間は約20分程度を予定

【3】撮影写真のご確認・写真年賀状の受付
2015年12月5日(土)以降、お好きな日にご来店いただき、写真年賀状記載の内容や枚数をご注文ください。

【4】写真年賀状のお渡し
上記【2】ご注文日より4日で写真年賀状が完成します。ご来店またはご郵送でお受取りください。

【5】写真プリントのお渡し
2016年1月中旬より順次ご自宅へ配送いたします。

出典 https://www.facebook.com

写真年賀状の受付は12月5日(土)以降、注文から仕上がりまで4日なので、早ければ12月前半には年賀状が仕上がります。

FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-29-4

●東京メトロ千代田線/副都心線「明治神宮前」駅 7番出口から渋谷方面徒歩1分
●JR山手線「原宿」駅から徒歩6分


いとう写真館 撮影会
2015年11月21日(土)~23日(月・祝)の3日間
毎日11時~19時の間(事前予約制)

★いとう写真館に関するお問い合わせ
店舗窓口または電話(TEL:03-6427-9703)にて受付中とのことです。

※メールでの予約や問い合わせは受け付けていないそうなので、ご注意ください。

◆ おわりに

人生の節目や記念日にはもちろん、
思い立ったそのときに撮るのもいいと思います。
何かのタイミングで写真を撮り、
そこに写る自分のすがたを眺めてみることは、
ここからどんなふうに生きていこうかと、
前を向くきっかけにもなります。
何よりも、あなたの瞬間すべてが、一生ものになると思います。

自分の写真を撮ったり飾ったりのこしていくことが、
もっともっと当たり前な世の中になればいいなと思い、
いとう写真館の活動を続けています。

出典 http://www.ito-photo.net

写真館や写真店が年々減る中、モノクロフィルムで記念撮影をしてもらえる写真館はとても貴重だと思います。筆者もまだ未体験ですが、いつか必ず撮影会に行くつもりでいます。写真やプリントにお金をかけなくなった今の時代、お金をかけるだけの価値が詰まった写真がいとう写真館では撮れる。そう思います。

気になった方はぜひ、いとう写真館で撮影してみてください。

こんな記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

satomiii このユーザーの他の記事を見る

プチプラ、100均、音楽、手作りが好きな主婦です。プチプラ情報は主にインスタグラムでチェックしています。以前は喫茶店のバイトで、きれいな焼き色のトーストを焼くこと、見た目がきれいなかき氷を作ること、レタスをシャキシャキに洗うことに全力を注いでいました。よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス