スケートボードやBMXといったスタントのテクはいつ見ても「凄い!」の一言。しなやかに滑り軽やかに宙を舞う姿はもはや神業。そんなスタントをなんと車椅子の男性がするというのだから尚更驚きです!

8歳の時からエクストリーム・スポーツに挑戦

出典 https://www.youtube.com

アメリカ、ネバダ州のアーロン・フォザリンガムさん(23歳)は、脊髄に損傷がある「二分脊髄症」という先天性疾患を持って生まれて来ました。そのため一生車椅子生活を余儀なくされることに。

でも小さい頃からお兄さんと一緒に地元のスケートパークへ足を運ぶようになったアーロンさん。そしてエクストリーム・スポーツに目覚め、スケートボードや自転車ではなく車椅子を使ってスタントの練習をするように。

ステージの上まで自力で車椅子を引っ張るアーロンさん

出典 https://www.youtube.com

14歳には世界初となる車椅子での宙返りを達成!

出典 https://www.youtube.com

健常者のように足を自由に使うことができないアーロンさんですが、好きなこと、やりたいことへの情熱は誰にも負けません。ステージの上に立ち、息を整え、みんなが「アンビリーバボー」と大絶賛するスタントを試みる瞬間のアーロンさんは、とってもクールでカッコいいと誰もが思うでしょう。

勢いをつけて走り出した!

出典 https://www.youtube.com

かなりのスピードで走るアーロンさん。そして…!

飛んだ…!

出典 https://www.youtube.com

車椅子で高く空を舞うアーロンさんのスタントは、まさに「jaw-dropping」(顎が下に落ちる)ほどアンビリーバボーなテクニック。ただ、車椅子でキメるのは決して容易なことではありません。

着地に失敗して地面に激突。意識を失うことも過去に数回あったそうです。健常者のスケートボードやBMXでも、バランスが崩れれば大怪我の可能性があります。それが車椅子なら尚更危険度が高いエクストリーム・スポーツなのです。

驚くべきテクニックでスタントを見せるアーロンさんを知る人は多く、彼は「Wheels(ウィールズ)」という愛称で親しまれています。彼は他の障がいを持つ子供たちや若者の励みになれば、と車椅子でスタントにチャレンジし続けています。

「着地に成功する前が、一番ハードなんだ。」そう語るアーロンさん。人の何倍もの努力をして世界初の車椅子での宙返りという、簡単には誰もが真似できないことを情熱と強い意志で持って成し遂げた姿は称賛もの。

不可能なことを努力で可能にしてしまう素晴らしさ。障がいの壁を乗り越えて頑張るアーロンさんの前向きな姿勢にエールを送らずにはいられません。

ではそのアンビリーバボーなテクニックをご覧ください!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス