流星の嵐がみたい。

しし座流星群が11月18日に活動のピークを迎えます。雨が降っているところも多いですが、もしかしたら、奇跡的にみえるかも。
しし座流星群は過去に流星嵐が観測されたことで知られる流星群。月明かりの影響が少ない好条件とされ、流星観察ができると大変話題でした。さて今夜はみれるでしょうか?

極大を迎えているはず・・・・。

2015年は、11月18日午後1時頃に極大を迎えているはずなんです。国立天文台によると、同日は夜半前に月が沈む予報となっておりますが、雨だけが心配です。

みんなが雨でがっかりしている。

なんと、見えるかもしれないとニュースが。

もう無理なんじゃないかという声の中に光を発見。夜0時から明け方まで観測のチャンスだというニュースに歓喜の声多数。

どの方角でみえるの?

しし座流星群は空の様々な方角で発光するためどの方角を向いていても観測可能です。
ただし月が出ている場合は視界に月が見えない方角を向くと良いでしょう。
すごいぞ。しし座流星群。

流星群を観察の極意!

いかがでしたか?
流星群を観察する際は、街灯など人工の明かりができるだけ少なく、空を広く見渡せる場所を選ぶとよいとされています。双眼鏡や望遠鏡など、特別な道具は必要なく、肉眼で観察することができる。ただ、今日は寒いので防寒着を着てくださいね。
今宵は、ぜひ大好きな人と御一緒に、または、愛する人と同じ空をみあげて。

こちらの記事もおすすめ↓↓↓

この記事を書いたユーザー

琴乃。 このユーザーの他の記事を見る

フリーライター琴乃。でございます。韓国サイトのカラコンモデルなどもしておりました。趣味は、フィットネス、ダンス、読書、心理学が好き。霊感あるのが自慢。ブログもぜひ♡ http://ameblo.jp/yoruasa/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス