毎年、9月から12月にかけて開催されるスポーツに、NFLアメリカンフットボールリーグがあります。

その中から、2015年11月8日に行われた、『カロライナ・パンサーズ』と『グリーンベイ・パッカーズ』の試合中に起きた偶然が、1人の少年を笑顔にしたのです。その理由とはどのようなものなのでしょうか。

コリン・トーラー(6歳)

出典 http://wset.com

この話の主役はこちらの少年"コリン・トーラー”君です。

コリン君とそのお父さんはパンサーズの大ファンで、今年のパンサーズの試合に必ず連れて行ってあげると約束をしていたそうです。

しかし、この約束が叶うことはなく、コリン君のお父さんは9月30日に亡くなってしまいました。

出典 http://wset.com

父を亡くしたコリン君を慰めてあげようと、父の友人たちはコリン君に試合のチケットをプレゼントすることにしたのです。

『本当はお父さんとくるはずだった試合』そう考えてしまい、悲しい思い出になってしまうかもしれませんでした。

しかし、そんなコリン君を笑顔にしてしまう、偶然が起きてしまったのです!

キャム・ニュートン選手

出典 http://blog.livedoor.jp

この話のもう一人の主役である、カロライナ・パンサーズに所属している"キャム・ニュートン”選手です。この選手は、自身がタッチダウンした際に、観客席の中央付近に座って応援してくれているファンの子供たちにボールを投げ込みプレゼントすることを習慣にしているんだそうです。

パンサーズvsパッカーズ

出典 https://www.youtube.com

そんなニュートン選手が所属している、パンサーズとパッカーズの試合。見事にニュートン選手が相手選手を押し込んでタッチダウンを決めました!!

出典 https://www.youtube.com

いつもやっているように、今日も子供たちにボールをプレゼントしよう。そう思っていたニュートン選手なのですが、先にボールを取ったのは相手選手なのでした。

出典 https://www.youtube.com

『そのボールを僕に渡してくれないか』

そう声をかけたとたん…

相手の選手は点を取られたことに、腹が立っていたのか、あろうことかボールを遠くへ投げ捨ててしまいました。

出典 https://www.youtube.com

ボールを投げてしまった選手を指さしながらも、投げられたボールを拾いに行くニュートン選手。少しでも早く子供たちにボールをプレゼントすることを選んだのでしょう。

ボールはいったいどこまで行ったのでしょうか。

出典 https://www.youtube.com

ボールをキャッチしていたスタッフから、走ってボールを受け取り、すぐさま観客席にいる子供たちにボールをプレゼントするんだな。

そう思ってみていたのですが、ニュートン選手はボールを観客席に向かって投げることはせず、観客席の一番前に座っていた子供のところへ向かって行ったのです。

出典 https://www.youtube.com

そこにいたのは、なんと大好きだったお父さんを亡くしてしまったコリン君だったのです!

ニュートン選手はもちろん、コリン君の事情を知りませんでした。相手選手がボールを遠くへ投げた"おかげ”でニュートン選手のボールはコリン君の手に渡ったのです!

出典 https://www.youtube.com

コリン君はこの出来事に飛んで喜び、満面の笑みを浮かべています。コリン君にとって悲しい思い出になるかもしれなかった試合が一転して、とても素敵な思い出に代わったことでしょう。

この日の試合が終わった後、パンサーズの公式Twitterでは以下のような投稿が残されています。

Don't worry, we got you buddy.
(心配しないで。私たちがそばにいるから。)

出典 https://twitter.com

ニュートン選手を含むパンサーズの選手全員から、このような言葉をもらったコリン君はとてもいい思い出ができたと思います。

これからもコリン君に良いことがあるように、そしてニュートン選手が無事に全試合を終えることができることを願います。


▼アメフトの試合で起きた偶然はこちらから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス