気づけば毎週末、家でゴロゴロ。どこか出かけたいけど、行きたいところがない!

そんな悩みを持っている人、結構いるんじゃないでしょうか。今回はそんな人のために、週末ドライブにもってこいのおすすめスポットをご紹介。どこも東京から行ける関東圏。ぜひ参考にしてみてください。

1. 埼玉で江戸時代にタイムスリップ!羽生PA(上り)

江戸時代の日光街道〜奥州街道の現代版にあたる東北自動車道。その道路上にある羽生PA(上り)は、ちょっと変わったパーキングエリアとして有名です。

そのコンセプトは『鬼平犯科帳』!

出典 http://lo.ameba.jp

羽生PA(上り)のコンセプトは、江戸の捕物帳として有名な火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする『鬼平犯科帳』です。

江戸の町並みを史実に基づいて忠実に再現したパーキングエリアは、一歩足を踏み入れるとまるでテーマパークに来たかのような気分にさせてくれます。

出典 http://lo.ameba.jp

モデルとなったのは、江戸の繁栄を象徴する日本橋の大通り。

出典 http://lo.ameba.jp

新築の建物に、わざと汚しや染みなどを施しているそうです。探してみると、建物の柱や壁に残された刀傷などが見つかりますよ!

施設内には平蔵が通った飲食店が

出典 http://lo.ameba.jp

施設内には、8つの飲食店とお土産処が。軍鶏鍋屋の「五鉄」、そば処「本所さなだや」、うなぎの「忠八」など、飲食店は全て『鬼平犯科帳』の主人公・長谷川平蔵が通うお店という徹底ぶり。

出典 http://lo.ameba.jp

『鬼平犯科帳』で重要な舞台となっている軍鶏鍋屋。日本橋人形町で1760年から続く老舗鶏料理店『玉ひで』がモデルといわれています。 当時を再現した特製の軍鶏鍋や、開発に3年を費やした一本うどんなど、こだわりの料理が自慢です。

出典 http://lo.ameba.jp

五鉄しゃも鍋定食 / 1,500円

大振りの鶏肉やハツ、レバーなどと一緒に、ゴボウやしらたきなど野菜もたっぷり入ったすき焼き風の味付けの軍鶏鍋。炊き込み御飯とお新香もセットでついてきます。

出典 http://lo.ameba.jp

飲食店はフードコートスタイル。色々なお店のメニューを持ち寄って食べ比べることもできます。

出典 http://lo.ameba.jp

また施設内の天井は朝、夕、晩の空を投影。時間帯によって、印象がガラリと変わります。

2. 太宰治が通った河口湖の名店『天下茶屋』

『富嶽百景』の舞台となった茶屋

出典 http://lo.ameba.jp

河口湖から137号線を北上し、御坂みちをのぼり、30分ほど走ったところにある新御坂トンネルの前に佇む趣ある木造2階建ての建物。そこが「富士には 月見草が よく似合ふ」という一説で知られる太宰治の名作『富嶽百景』の舞台となった『天下茶屋』です。

出典 http://lo.ameba.jp

昭和9年の秋に創業された『天下茶屋』。八畳が三間の小さな茶屋で、峠を行き交う旅人に食事などをふるまったのが始まりです。

正面に臨むその絶景から富士見茶屋、天下一茶屋などと呼ばれていましたが、徳富蘇峰が新聞に天下茶屋と紹介したことがきっかけで、『天下茶屋』と呼ばれるようになったそうです。『天下茶屋』には多くの文人が訪れ、中でも井伏鱒二、太宰治の滞在は有名です。

出典 http://lo.ameba.jp

靴を脱いでゆったりとくつろげる座敷席。

出典 http://lo.ameba.jp

富士山を眺めながら、食事を楽しむことができます。

出典 http://lo.ameba.jp

2階には太宰治が使用した火鉢と机が。

出典 http://lo.ameba.jp

『斜陽』『富嶽百景』などの初版本も展示されています。

太宰治が愛したほうとう鍋がおすすめ

出典 http://lo.ameba.jp

天下茶屋 きのこほうとう鍋/1,410円

太宰治も愛したというほうとう鍋は、大振りの鉄鍋に入れられて提供されます。たっぷりの野菜と自家製麺をじっくり煮込み、地みそで仕上げられています。

出典 http://lo.ameba.jp

いもだんご/580円

じゃがいもを揚げたいもだんごはデザートにおすすめ。バターの甘みと、外はカリッ、中はふんわりとした食感が絶妙な逸品です。

3. 冬のキャンプは栃木にある『サンタヒルズ』で

クリスマスにぴったりなオートキャンプ場

出典 http://lo.ameba.jp

栃木県の那須郡にある『Santa Hills(サンタヒルズ)』は、オートキャンプ場&コテージのある宿泊施設。こちらの写真は夏に撮影されたものですが、絵本の中の世界のようなメルヘンな雰囲気は、家族でクリスマス前のこの時期に過ごすのにぴったりです。

出典 http://lo.ameba.jp

35000㎡の敷地内には50のテントが張れるキャンプスペースと20棟コテージが用意。20棟のコテージの中にはスノードロップやホーリーといった、クリスマスにちなんだ名前が付けているものも。

出典 http://lo.ameba.jp

まるで宙に浮いているように見えるほど高い位置にある天使のツリーハウス「エミル」。森の妖精でも住んでいそうな雰囲気です。

出典 http://lo.ameba.jp

受付のあるセンターハウスの入り口では、大きなサンタの人形がお出迎え。

出典 http://lo.ameba.jp

ハウス内にはサンタクロースグッズを販売するSHOPも併設されていますが、その規模はかなりのもの。1階から4階まで所狭しとサンタの人形やオルゴールが並べられています。その光景はもはやミュージアム。

この時期おすすめなのが「サンタクロースの家」

出典 http://lo.ameba.jp

ランドマークの「サンタクロースの家」。緑の壁と赤い扉のクリスマスカラー調が素敵な2階建てのコテージは、なんとサンタクロースだけでなく一般客も宿泊可能!

出典 http://lo.ameba.jp

リビングには大きな赤いソリが。クリスマスの出番を待っているのでしょうか。暖炉や2階にまで伸びる大きなクリスマスツリーも置かれ、この時期におすすめの一室です。

ここで紹介した以外にも、「クルマでしか行けない」隠れた名スポットが!気になる人は、下のボタンより探してみてください。

さらに、家族で楽しめる車屋さんも…

休日のお出かけに不可欠なクルマですが、そのクルマが買える中古車販売店にも家族で楽しめるお店が。

クルマ選びのテーマパーク『WOW!TOWN』

出典 http://lo.ameba.jp

中古車販売店とは思えないおしゃれな雰囲気のこちらのお店は、クルマ選びのテーマパーク『WOW!TOWN』です。関東では木更津、幕張、大宮に店舗を構えています。

出典 http://lo.ameba.jp

車の他にも、ゆったりくつろげるカフェや、キッズスペース、さらには「おでかけ」にまつわる便利なグッズやおもちゃも販売しており、ファミリーで楽しめる空間となっています。

車屋さんといえば、お父さん以外が退屈してしまうイメージがありますが、ここなら週末家族で楽しめそうですよね!

いかがでしたか。気になるスポットがあったのではないでしょうか。ぜひ困ったときのおでかけプランに加えてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス