もし今の職業じゃなかったら、どんな仕事についてるのだろうかと妄想したことがある人もいるのではないでしょうか。
今回は有名女優がもし女優になっていなかったら、どんな仕事についていたかを調べてみました。

満島ひかり

2009年に園子温監督の映画『愛のむきだし』の演技が認められ、新人賞などを受賞。
2013年に『Woman』で二人の子どもを抱えるシングルマザー役を熱演し、主演女優賞を受賞。
『プライド』、『カケラ』、『悪人』、ドラマ『モテキ』『若者たち2014』『ごめんね青春!』などに出演、演技派女優として注目を集めている。

「もしも女優になっていなかったら?」と聞いてみると、「地元の地方新聞の記者か国語の先生になっていたと思う」とのこと。

出典 http://www.ohtabooks.com

「街に生きて暮らしている人たちのなかに秘められた口に出せない想いとか、誰もが持つ誤解とか矛盾の想いとかが、もっとわかればいいのにと感じていたんです」

出典 http://www.ohtabooks.com

ごめんね青春では先生役を演じた満島ひかり

石原さとみ

現在、放送中の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』で主人公の英会話教師・桜庭潤子を演じる石原さとみさん。

『TOKIOカケル』に出演した際にTOKIOのメンバーからの「今年いっぱいで女優を辞めますとなったらどうするか?」という質問に対して

「看護師の勉強をします」と即答した石原。「今でも看護師になりたいんです。」

出典 http://www.crank-in.net

ドラマ『Ns’あおい』に出演したことがきっかけで看護師の仕事に興味を持ったという

相武紗季

ドラマ「ウォーターボーイズ」でデビュー
『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』で悪女役が好演。連続テレビ小説『マッサン』ではヒロインの恋敵役を演じて話題になった相武紗季さん

現在、放送中のドラマ『仮カレ』でネット通販会社のアグレッシブなチームリーダー豊島杏や『エンジェル・ハート』槇村香役を演じている。

日本テレビ系列「another sky-アナザースカイ」に出演した際に、もし女優になってなかったら、学校の先生になりたかったと告白

女優をしていなかったら、学校の先生になりたかったという。

出典 http://tv-daisuki.com

篠原涼子

現在、放送中のドラマ「オトナ女子」で主人公のアラフォーキャリアウーマン・中原亜紀を演じる篠原涼子さん

『キレートレモン ENERGIE(エナジエ)』新CM発表会に出席した際に、もし女優をやっていなかったらどんな仕事がしてみたいと質問され、

「お話ししたりするのが好きなので、営業の仕事をしてみたい」と希望し、「いろんな方とコミュニケーションを取って自分を確かめてみたい」と笑顔を見せた。

出典 http://beauty.oricon.co.jp

女優さんがやってみたい仕事はイメージ通りな人もいたり、意外な一面だったりしてとても興味深かったです。石原さとみさんの看護師なんて病気じゃなくても、病院に行きたいくらいですよね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス