自分の感情を確認する

批判を受けていい気分になる人はいません。

批判を受けることが好きな人は誰もいません。

出典 http://www.dh-fukushi.com

だからこそ、批判をされたときは、冷静になる必要があります。

他人から批判されることは、誰にとっても不愉快なことです。

出典 http://www.h5.dion.ne.jp

まずは、自分の感情を確認してみましょう。「この批判に対して感情的になっているな」、「この批判を特に気にしているな…」、「なぜそんなに気になるんだろう」と分析モードで考えることで、冷静になることができます。

反響があったことは「よし」とする

批判を受けるということは、反響があったということです。

あなたの意見を誰かが読んでおり、反響があったという証でもある。

出典 http://news.mynavi.jp

たとえ批判であっても、反響があるということは、無視されるよりはいいことかもしれません。※無視されれば、それはなかったことになります。

その批判を建設的に受け止めて、良い経験に変えていこう。

出典 http://news.mynavi.jp

的を射た批判があれば、プラスになる可能性もあります。

仕分けをする

批判にはいろいろあります。まずは、批判の仕分けをしましょう。

批判の中には、建設的な忠告もあれば、八つ当たり、人格を傷つけようとする悪意を込めたメッセージまで、さまざまなものがあります。

出典 http://skippingboard.web.fc2.com

悪意のある批判もあれば、意見や解釈の違いからの批判もあります。

自分の受けた批判が、どれに当たるかきちんと見極めましょう。

出典 http://skippingboard.web.fc2.com

スルーすべき批判なのか、受け止めるべき批判なのか、仕分けをするということです。批判をごちゃ混ぜにして考えると、頭の中で整理がつかず、わけがわからなくなります。この愚は、避けるようにしましょう。

あの人だったらどう対応するか考える

自分が尊敬するあの人だったら、どう対応するか考えてみましょう。

理想の人物ならどのように対処するかをまず想像します。

出典 http://www.lifehacker.jp

自分が衝動的に取ろうとする行動が、必ずしも正しくないことがわかると思います。

感情的になりそうだと感じた時には、自分を元気づけてくれるような理想の人(ロールモデル)をさっと思い浮かべるのが大切です。

出典 http://www.lifehacker.jp

その理想の人物は、感情的な対応をしないはずです。

「あの人だったら…」と考えるプロセスを入れることにより、冷静になれるのです。冷静になれば、対処の仕方もおのずから見えてくるはずです。

スルーする

スルーした方がいい批判もあります。

「文句を言い返さないと気がすまない」のだとしたら、自分も相手と同レベルだということになってしまいます。

出典 http://www.h5.dion.ne.jp

悪意のある批判というものがあります。最初から批判するつもりで、こちらの意見を捻じ曲げて解釈し、批判しやすい形に加工して批判します。「そんなことは言っていない」と思うのであれば、その種の批判である可能性があります。

単純な誤解に基づく批判であれば、丁寧に正すことが有効な場合もありますが、悪意に基づく批判の場合は、わかってやっていますので、スルーが最善になります。

人格攻撃や人格揶揄のような批判も、機械的にスルーすることです。仮にこの種の批判を受け止めても、生産的なことは何もありません。※心の染みになったりします。

嫌な気分になるだけですよ。

批判を意見として受け止める

的を射た批判であれば、批判を意見として受け止める姿勢が大事です。

そんなフィードバックはたびたび、学びの過程でもあるのです。

出典 http://josei-bigaku.jp

自分の意見に固執する必要は、全くありません。

「自分が間違っていると思ったら、素直に反省する」という姿勢をつねにもっていたならば、他人を怖れたり、怒りを感じたりすることはありません。

出典 http://www.h5.dion.ne.jp

自分の意見が間違っていれば、意見を変えればいいのです。常にフェアで柔軟な姿勢を持っていれば、相手の批判に対して感情的になることはないでしょう。

自分の意見の間違いを指摘してくれて、ありがとう…ぐらいの気持ちになれると思います。

まとめ

批判をされたときのスマートな対処法をまとめました。

1)自分の感情を確認する
2)反響があったことは「よし」とする
3)仕分けをする
4)あの人だったらどう対応するか考える
5)スルーする
6)批判を意見として受け止める

以上の6つです。

批判に対しては、感情的に反応しないことです。そのためには、1)~4)のプロセスが役に立ちます。「批判をする」という行為は、簡単で誰にでもできる行為です。したがって、(特にエッジの効いた)意見を表明すれば、批判を受けることの方が多いと思います。

批判を受けて当たり前、または、批判を受けて一人前という気持ちでいた方が(精神衛生上)いいと思います。あらかじめ、批判に対する対処法を身に着けておいてください。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら