記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
きゅうりを薄く切って顔に直接並べたり、ペースト状にして顔に塗るといった“きゅうりパック”。これは美白効果として本当に効果があるのでしょうか?

今回はその真相について、医師に聞いてみました。

きゅうりパックは本当に美白効果があるの?

きゅうりは95%以上が水分で、そのほかビタミンCカリウムなどがごく少量含まれているだけです。

実際、ビタミンCが主成分の医療用医薬品が、炎症後の色素沈着に効能として認められてはいます。しかしこれはそれなりの量を口から毎日摂取した場合であり、効果も100%認められるわけではありません。仮に、皮膚からきゅうりのビタミンCが吸収されたとしても、もともとごくわずかのビタミンCしか含まれていないため、直接作用することは期待できません。

また、灰汁の強いきゅうりや、体質的にきゅうりの成分が合わない人はかぶれなどを起こしてしまう可能性もあります。水分が多いので一時的にしっとりとした感じになるかもしれませんが、乳液を使用したり、皮膚科で保湿剤を処方してもらったほうが安心でしょう。

≪あなたの肌年齢…何歳?脱・カサカサ砂漠肌!≫
1分で簡単チェック【肌乾燥度】を診断してみる

美白に効果がある物質とは?

美白剤として認められるには、紫外線照射によってできる皮膚の色素沈着の発生を抑制するか、あるいは紫外線照射により人工的に生じさせた色素沈着を軽減するかをダブルブラインド試験という検査方法で証明しなければなりません。

肝斑の治療でいまもっとも有力とされているのは、ハイドロキノンという物質です。1~2カ月ほど塗ることで改善するといわれていますが、中止すると再度出現することがあるようです。また、肝斑は紫外線を避けることも大切で、これにケミカルピーリングや皮膚の角化を抑える薬を併用して継続すると、ハイドロキノン単独で用いるより効果は高いといわれています。しかしこれらの併用は効果は高いものの、炎症を起こすことがあるため、外国ではステロイドも併用することがあるようです。

美白研究はまだまだ発展途上

また、別の医薬品でトラネキサム酸という医療用医薬品(市販薬でも売られています)は、肝斑治療薬処方することが認められています。しかしこの薬は日本以外では美白剤として用いられているところは少なく、ダブルブラインド試験も十分に行われていない可能性があり、効果に関しては疑問が呈されることがしばしばあるようです。今後、改善や新たな再試験が行われるとよいですね。トラネキサム酸は、そのほか喉の痛み止めや止血剤として用いられます。

≪自分で食べ過ぎと思っていなくても、胃腸はもう限界かも…≫
1分で簡単チェック【胃腸のお疲れ度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

きゅうりパックは、あくまで民間療法的なものです。自己判断せずに、皮膚科で適切な治療を受けるほうが確実でしょう。物理的に日光を遮ることや、日焼け止めクリームなどをしっかり用いて紫外線に当たらないようにすることも、皮膚が黒くなることや老化を抑えるには大切なことですよ。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス