母乳で育てているママにとって、また子供にとっても、断乳はツライ試練。アメブロで人気の公式トップブロガーさんの記事のなかから、断乳に伴うツラさや感動などをつづったエピソードをまとめました。今ツライ思いをしているママも、きっとその思いが報われるはず。

■「激おこパイくれ状態」からの「恨みデスノート」

マイちゃん1歳5ヶ月、断乳を決行

出典 http://lo.ameba.jp

次女マイちゃん1歳5ヶ月の断乳を始めたブロガー、あね子さん。祝日があり夫も休みがあったという、11月の初旬に断乳を決行したそう。

おっぱいを忘れさせるため、お風呂や寝かしつけ、抱っこなど、思い出しそうな場面でダンナに協力してもらう作戦です。

出典 http://lo.ameba.jp

子育てには夫の協力は必須!ママと子供だけの試練に思える「断乳」だって、もちろん男性が手伝えることはたくさんあるのです。

チクビは絆創膏でガード!

出典 http://lo.ameba.jp

断乳の半月ほど前から、「もうすぐおっぱいバイバイだよ~」と話してはいたのですが

納得できないお顔

そりゃそーだわな。

出典 http://lo.ameba.jp

最後の授乳以降はもう、おっぱいを見せない作戦に。
乳首に絆創膏を貼ったり、胸全体に大きく怖い絵を描いたりと、子供がおっぱいに抵抗を感じるような工夫をしているママも多いようです。

問題と思われた寝かしつけもクリア!

出典 http://lo.ameba.jp

昼間は牛乳やおやつ、抱っこなどでごまかし平和に過ごせたものの、あね子さんが特に心配していたのは寝かしつけ
しかしこちらも、牛乳で小腹を満たしてあげて、抱っこ&ぬいぐるみで眠気を誘ったところ、意外とすんなり30分で眠ってくれたそう。

しかし現れた禁断症状・・・

出典 http://lo.ameba.jp

1日目のあっさりした寝かしつけはどこへやら、断乳2日目の夜は、禁断症状が出てしまったのか、「激おこパイくれ状態」でギャン泣き&ビチビチのけ反り大暴れ……。

なんでパイをくれないんだよぉぉぉ!!とギャン泣きです。怒りと悲しみが混じったような泣き方…。可愛そうだけど、ひたすら抱っこです。だって抱っこしかできないんだもの。

出典 http://lo.ameba.jp

断乳で一番ツライのは、この夜間断乳でのギャン泣きかもしれませんね。「本当はおっぱいをあげたい」というママだっているでしょう、「抱っこしかできない」なんてツラすぎます。でも、子供のことを思えばこそ、乗り越えなければならない壁なんですよね。

禁断症状で暴れるマイちゃん。長女の寝かしつけから帰ってこない夫に助けを求めようと寝室を覗くと・・・

夫、まさかのガン寝・・・

出典 http://lo.ameba.jp

気持ちよさげにイビキかいてやがった


「おっぱいを思い出すから、なるべくダンナが抱っこしてね」

「寝かしつけが一番大変だから、協力してね」

という私に、「わかったよ」と答えていたダンナ・・・


今一番大変な時間ですよ。

出典 http://lo.ameba.jp

冒頭でお伝えした「子育てには夫の協力が必須」が、見事に裏切られた瞬間です。同じような思いをしたママも多いのではないでしょうか。きっと夫も、頭では分かってはいるハズなんでしょうが、このときの絶望感たるや……。

その後マイちゃんは、40分ほど抱っこし続けたころに泣きつかれて眠ったそう。

一息ついた私がしたこと

出典 http://lo.ameba.jp

ダンナへの恨みつらみをノートに書くことでした
シンクの溜まった皿を見てぶち切れました。抱っこ地獄の後に残業・皿洗いだと!?
ダンナは最後まで起きてこなかったため、本人に怒れず。イライラが爆発しそうだったので、その時のフレッシュな気持ちをノートにぶちまけました。

出典 http://lo.ameba.jp

書かずにはいられませんね!!
断乳の寝かしつけの協力を忘れて先に寝ておいて、さらに皿洗いまで当たり前のように残してあるなんて。こんな風に恨みをかっている「夫」のみなさんが、世の中にはどれほどいるのでしょうか……。

ちなみにあね子さん、ノートこそ見せなかったものの、「ダンナが寝てしまって困った」ということは、あとできちんと伝えたそうです。

断乳は最初の3日間が勝負!

出典 http://lo.ameba.jp

3日目の夜~夜中もグズり泣きは何度かしました。でも割と短時間で泣き止むように。

4日目からはおなかの上でうつ伏せや、横になってゴロゴロしながら寝れるようになりました!やはり断乳は最初の3日間が勝負!2日目の夜が峠でしたが、マイちゃんは断乳楽な方だったかな~と思います。

時折思い出して「ぱい?」と聞いてきますが、触ったりはしてこない。

ちょっともぞもぞ寝ぼけるときもありますが、一晩寝れるときが増え、だいぶ楽になりました☆

出典 http://lo.ameba.jp

「ギャン泣き&のけ反り暴れ」の2日目夜をピークに、3〜4日目にはかなり落ち着いてきたマイちゃん。お子さんにもよりますが、断乳は3日間勝負」というママも多いようです。

2日目の夜、恨みをかった夫は・・・

■3日目~
前日の反省をしたのか、ダンナが泣き声でちゃんと起きてきた!今までの育児で、夜泣きで起きるなんてなかったダンナ…。もう最後の最後というタイミングだけど。協力する気持ちが感じられてよかったです。

出典 http://lo.ameba.jp

2人の寝かしつけが私の担当になったため(今まではメイ子とダンナが一緒に寝ていた)、なんとダンナが夕食後の皿洗いをする日が増えた。ノートに皿くらい洗っとけって書いたから?
あのノート、恨みデスノートかもしんない。

出典 http://lo.ameba.jp

最後にはキチンと断乳時の寝かしつけに協力してくれたという夫。さらに、2日目の夜に書いた「恨みデスノート」が効力を発揮したのか、家事にも協力体制だそうです。ちなみに、そのノートは消さずに引き出しに仕舞ってあるそうですよ。

アメブロには、このほかにも断乳のタイミングで子供に読んであげた絵本の話や、断乳と妊娠でのつわりが重なってしまったママの壮絶なエピソードなど、「断乳」に関するエピソードが満載!

■断乳の時に息子に読み聞かせした絵本

出典 http://lo.ameba.jp

強めの抗生物質を飲まなければならなくなったことで、必然的に断乳時期に突入したブロガー・こめこさん。比較的すんなり断乳できたものの、「お母さんに嫌われたからおっぱいくれなくなったんだ」と思われないように、ある絵本を読み聞かせしたそう。

■4夜連続の外散歩に死ぬ思い

出典 http://lo.ameba.jp

「寝かしつけは必ず沿い乳。夜中も3回沿い乳。」と、完全に乳依存していた次男の断乳。しかも妊娠初期のつわりと時期が重なっていたため、「食べ悪阻×妊娠初期の下痢×断乳により大暴れする乳児」の三重苦に見舞われてしまったそう。夜中の散歩が一番効果があったそうですが、死ぬかと思うほどツラかったそう。

多くのママと子供が経験しなければならない「断乳」。ママブロガーさんたちが描くエピソードは、もちろん人それぞれですが、少しでも参考になることを願っています。

この記事を書いたユーザー

Ameblo編集部 このユーザーの他の記事を見る

「Ameblo編集部」公式アカウントです。アメーバブログから、編集部が厳選した話題をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス