2015年11月13日に発売されたアルバム「Purpose」(パーパス)に収録されているいくつかの楽曲の歌詞が意味深で、彼の元カノ「セレナ・ゴメズ」のために歌ったのでは?とうわさになっていましたが、そのうわさが真実だと思わせるコメントをジャスティン本人がしています。

Purposeの意味を辞書で引いて調べてみると、「目的・意図」「決心・決意」「用途」(※研究社 新英和中辞典による検索)という結果が出ました。ジャスティンは自分が反省していると彼女に意図させたいのでしょう。

"A lot of my inspiration comes from her.It was a long relationship and a relationship that created heartbreak and created happiness, and a lot of different emotions that I wanted to write about. So there's a lot of that on this album."

出典 http://www.fuse.tv

たくさんのインスピレーションを彼女から受けました。長い彼女との付き合いと、2人の関係が生んだ悲しみと幸せ、そして自分が書きたかったたくさんの感情がこのアルバムにあります。

ジャスティンはセレーナとの破局について、「本当に辛かった。まだふっ切れたかどうか分からないんだ」と米情報番組「アクセス・ハリウッド」に語っている。

「(セレーナは)僕が心から愛している人だよ。彼女を愛することは、絶対に止めないだろう。ときどき調子を聞くことも止めないよ。恋愛関係が終わったからといって、連絡するのを止めるべきではないと思う」と彼は説明した。

出典 http://www.mtvjapan.com

出典 https://www.youtube.com

こちらの画像は、ジャスティンの楽曲Where Are U NowのPVの中のワンシーンからスクショしたものです。PV作成の際、多くの人の手で落書きされたジャスティンの写真をコマ撮りにしています。その中で気になる一枚を見つけました。justin+selena=jelenaは2人の関係をジャスティンがこう呼んでいたもので、5ever(ファイエバー)とは、4ever(フォーエバー)の進化系で、フォーエバーよりももっと深い永遠を表した言葉です。これに×印をかけたところは、2人の関係を皮肉っていると感じられます。

出典 YouTube

ジャスティンの楽曲What Do You MeanのPVでは、他の綺麗な女性とキスする際どいシーンがあり、ドキッとさせられますが、そのPVの中のスケボーのシーンで、ストリートアートの壁の隅にSelenaの文字が見られます。それにもある意味ドキッとさせられます。するどい人はもう見つけたのではないでしょうか?

くっついたり離れたりと曖昧になっている2人。海外では、”on-again-off-again relationship”(付いたり離れたり関係)ナンバーワンとも言われています。今は別れている状態ですが、この関係がいつまた元に戻るかはセレナ次第ではないかと思います。2歳下のジャスティンの若気の至り(態度や発言)が彼女を怒らせたのだと噂されていて、ジャスティンは彼女に未練タラタラな様子です。ニューソング「Sorry」にその彼の心境が表れています。

出典 YouTube

ダンスは無視してください 笑。歌詞に注目!

”Yeah I know that i let you down" (君をがっかりさせてしまったことは知っている)
"Is it too late to say I'm sorry now?"(ごめんと謝るにはちょっと遅すぎたかな?)
"Cause I just need one more shot at forgiveness" (もう一度許してもらうチャンスが欲しい)

この歌詞で、もう一度セレナと寄りを戻したいことがはっきり分かりますよね。

「セレナのPVを見たか?」との質問で、ジャスティンは、「まだ見てない。彼女が僕について何と思っているのか知らない」と発言。忙しさあまり見ていないのか、それとも傷心を傷つけたくないのか彼の心境はよく分かりません。

出典 YouTube

The bed's getting cold and you're not here
The future that we hold is so unclear
But I'm not alive until you call
And I'll bet the odds against it all
Save your advice 'cause I won't hear
You might be right but I don't care
There's a million reasons why I should give you up
But the heart wants what it wants

出典 http://www.directlyrics.com

ベッドは冷たく、そこにあなたはいない
私達が待ち構えている未来は不鮮明、だけど私はあなたの電話がくるまで生きていけないの
そして私は全てに賭けてみるわ
アドバイスはもういいの もう聞こえないわ
あなたは正しいかもしれないけど、私はお構いなしね
別れる理由なんて星の数ほどあるけど、私の心は(あなたを)求めてる

The Heart Wants What It Wants(心は求めている)は、タイトル通り彼女の心の叫びを歌ったもの。彼女もやはり寂しい様子です。

お互いに自分の曲で愛を叫び合う姿。2人とも心を開きあって早く寄りが戻ればよいと願います。スーパーカップルの今後に目が離せません。

この記事を書いたユーザー

sakura cherry このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式プラチナライター。灼熱の地UAEに暮らす色々書いてる人。ブログもやってます!
ブログ>>http://ameblo.jp/maomao2015/
twitter>>@maonyan2015

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス