記事提供:東京メインディッシュ

博多ラーメン
650円

東京で一番美味しい博多ラーメンの店『ばりこて』。その高田馬場店がオープンし、連日連夜、多くのラーメン好きが暖簾をくぐっている。

どうして「東京で一番美味しい博多ラーメン」と言われているのか?それは、多くの博多出身者が、博多の味を求めて『ばりこて』にやってくるほどのクオリティがあるから。

・スープに濃厚な旨味とコク

スープは、100パーセント豚骨のみ使用。店内に入ると「純粋な豚骨」の香りが漂う。この香りを苦手とする人もいるが、完成したラーメンには強い臭みがない。

スープは濃厚な旨味とコクを感じさせながら、極めて後味がアッサリに仕上がっており、「よくぞここまで純度をあげたなあ」と感心させられる。

・スープと麺の相乗効果を追求

やや塩分が強く感じることもあるが、スープがまろやかなため、それを雑味として感じさせない魅力がある。スープが際立つことにより、麺が持つ小麦の旨味も比例して高まる。まさにスープと麺の相乗効果を追求した一杯だ。

・麺を2~3秒ほど湯に通す

『ばりこて』にきたのなら、麺は「生」で食べておきたい。麺の硬さを選ぶことができるのだが、「やわ」「ふつう」「かた」「ばりかた」「なま」があり、生のまま食べることも可能。生を注文すると、麺を2~3秒ほど湯に通して粉を落とし、丼に入れる。

・双方の美味しさを堪能できる

最初は「かた」や「ばりかた」を注文しておき、替え玉で生を注文すれば、双方の美味しさを堪能できるのでオススメだ。生の素晴らしい点は、硬さと美味しさを両立させている点だ。

ラーメン屋によっては、無理をして美味しさを無視し、時流に乗って「粉落とし」や「生」を出している店もあるが、『ばりこて』にそれはない。

・間違った選択肢ではない

博多出身者が認める博多ラーメンの味。もし美味しい本場の博多ラーメンが食べたいのであれば、『ばりこて』に行くのは間違った選択肢ではないはずだ。

ばりこて
住所:東京都新宿区高田馬場3-4-13
時間11:00~15:00 17:30~25:00
休日無休

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス