健康診断やインフルエンザの予防接種などを受ける機会も多いのではないでしょうか。そばにいてくれると心強く感じる看護師さんですが、そんな看護師さんも人間なんです…。看護師さんが発言した不安になる一言を紹介します。

採血や注射が苦手な人も多い

日本人は子供の頃から予防接種などで注射を体験しますが、注射針の細さやあの痛みが大人になっても苦手な人はとても多いです。そんな時、看護師さんが頼もしいと、不安な注射や採血もあっという間なんですが…

え?そのタイミングで言う?

何気ないやり取りの中にとんでもない一言が紛れています。そのタイミングで言っちゃうの?

ちょっと待ってて!そして来たのは…

血管が見えやすいと逆に新人ナースの出番なのか!?

知らなかったのか…

看護師さんでも知らないことがあるんですね。

刺す前に言わないで!!

今年は女性用ワクチンは痛いという情報…。でも刺す前に言わないで!

まぁそう言うしかないよね

血管が見つかりにくい人は多いですよね。でもやってみないと終わらないのも事実。

何かあったの?

採血の途中の一言。何がそうさせたのか気になりますね。

看護師さんは男性もいます

事前に宣言していても、血管が細いとやり直すことはしょうがないですよね。

あなたが採血するの!?

採血を行ったのは何と受付の人!!看護師の資格を持っているんだとは思いますが…。

そっちじゃうてないよ!

ベテランの人のちょっとしたドジ。刺す前に気づいてよかったですね!

入院中に言わないで〜

入院中の患者さんへ気を使って話題を提供したんだと思いますが、こっちは笑えない…。

ほぼ確実に言うよね

前もって宣言してくれている気使いなんでしょうが、本当に「ちょっと」ではないんですよね。

採血は看護師さんだけじゃない

注射を扱うのは医者でもできますが、やっぱり慣れている看護師さんに当たりたいよね。

ちょっと!あなたがやったんでしょうが!

バシバシ叩きまくった挙句に「見えない」なんてそりゃないよ!

冬になると予防接種が増え、注射や採血を経験する人が増えています。針を扱う側の看護師さんの一言は結構衝撃でしたね…。彼女たちなりに気を使って発言したんでしょうが、こちらにとっては怖すぎます。

注射を打てるのは看護師か医者しかいないので、そんな人に当たったら、諦めて我慢するしかなさそうです…。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス