相手よりグラスを高くしない

乾杯のとき、相手が目上の人の場合は、グラスを低い位置に合わせます。

相手のグラスよりも若干低い位置に合わせるのがマナーです。

出典 http://liginc.co.jp

乾杯のときは、軽く相手とグラスを合わせることがマナーになりますが、グラスをぶつけるかどうかは、そのときの雰囲気によります。

目上の人がすることに、合わせればいいと思います。正式には、グラスを目の高さまで上げて、まわりの人と目礼を交わすというのがマナーだそうです。

乾杯したら(飲まなくてもいいので)そのまま口を一度グラスにつけましょう。料理に口をつけるのは、乾杯が終わった後になります。※フライングしないようにしましょう。

目上の人に手酌をさせない

目上の人に手酌をさせないようにしましょう。

残量がグラスの半分以下だったら、相手に「お注ぎしますか?」と確認したうえでビールを注ぐようにしましょう。

出典 http://manners.kihon.jp

つぐタイミングは、半分以下になったときです。残りが2割ぐらいになったら、ついでもいいでしょう。目上の人のグラスが空になったまま…という状態は好ましくありません。「気が利かないな…」と思われてしまいますよ。

つぐときは、ひと声かけましょう。シンプルに「どうぞ」でもいいし、「おつぎします」でもいいと思います。お酒が得意ではない人であれば、「おつぎしますか?」と確認してもいいでしょう。

あらかじめお酒に関する出席者の情報を持っていれば、完璧ですね。

お酌回りをする場合は上席から行う

お酌回りをする場合は、上席から行うのが基本です。

お酌する際は上席や主賓から順に回るようにしましょう。

出典 http://r.gnavi.co.jp

出席者の序列を考えずに行うと、気を悪くする人が出てくるかもしれません。

他の方もいて混み合っている場合はこの限りではありません。周りの状況や雰囲気を見て判断するようにしてくださいね。

出典 http://r.gnavi.co.jp

宴席の雰囲気がゆるくなって、人が入り乱れて「混み合っている」という場合は、基本から外れる柔軟さも必要です。そのときの空気を、的確に読むようにしましょう。

ビール瓶を持ったままお酌に回る人がいますが、マナー違反になるそうです。たしかに、見た目にも美しくはありませんね。その席にあるお酒をつぐのがいいそうです。

ラベルを上にして両手でつぐ

ビール瓶などでは、ラベルを上にしてつぐのが基本です。

傾けた瓶の上部にラベルが来るようにします。

出典 http://food-drink.pintoru.com

ラベルを手で隠さないように、ビンの下の方を持ちます。もう片方の手で、ビンの下側を支えます。「ラベルを上にする」ということを実践していない人も多いようですが、それだけに実践すれば、いい意味で目立つかもしれません。

ビール瓶の場合は、瓶に貼ってあるラベルを上にして、手でラベルを隠さないように瓶の下のほうを片手で持ち、もう片方の手で、瓶の下側を支えるようにします。

出典 http://www.hitachi-solutions.co.jp

缶ビールの場合は、若干注意が必要です。

缶ビールはゆっくり注ごうとすると、缶の口を伝ってビールがこぼれやすいので、躊躇なく行うようにしましょう。

出典 http://food-drink.pintoru.com

出だしをゆっくりしていると、缶の口をビールが伝わってこぼれてしまいます。したがって、缶ビールの場合はサッとつぐほうがいいですね。

受ける場合はグラスの底に手を添える

ついでもらう場合は、グラスの底に手を添えましょう。

あくまでも自然にグラスを持ち反対の手でグラスの底を支えるように持ちます。

出典 http://food-drink.pintoru.com

ビールなどをついでもらうとき、グラスを傾けすぎてはいけません。

ビールをいただくときのグラスは傾けすぎないように気をつけます。

出典 http://www.hitachi-solutions.co.jp

最初は少し傾けて、徐々に垂直に立てるというイメージですね。そうすると、ビールの泡がキレイに立つそうです。ついでもらったら、1度口につけるのがマナーです。そのままテーブルにコップを置かないようにしましょう。

ワインのマナーは特殊です

ワインのマナーは、ビールとは違います。

実は、ワインは女性がお酌をすることをOKとはしていないのです。

出典 http://careerpark.jp

女性によるお酌はNGです。

ワインの場合はグラスを持ちあげたり触ったりするのはご法度です。グラスをテーブルに置いたまま注いでもらってください。

出典 http://r.gnavi.co.jp

ワイングラスは、テーブルに置いたままにしましょう。そういえば、海外で女性がアルコールを男性にお酌するという行為は見ませんよね?日本流にアレンジするのではなく、オリジナルの文化を尊重した方がいいと思います。

まとめ

お酒のマナーについてまとめました。

1)相手よりグラスを高くしない
2)目上の人に手酌をさせない
3)お酌回りをする場合は上席から行う
4)ラベルを上にして両手でつぐ
5)受ける場合はグラスの底に手を添える
6)ワインのマナーは特殊です

以上の6つです。

筆者の場合は、最近まで「ワイングラスをテーブルに置いたままにする」ということを知りませんでした。グラスの柄の部分を持つのがマナーだと思っていました。このような勘違いを避けるためにも、基本的な知識は持っておきたいものです。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス