記事提供:おためし新商品ナビ

スプーンを逆さにしても落ちない、濃厚さとクリーミーさで人気のギリシャ・ヨーグルト。

2011年に発売された森永「パルテノ」が日本におけるブームの火付け役であり、また同ジャンルのトップランナーであるが、ここにきてPB(プライベートブランド)では初となるギリシャ・ヨーグルトがAEON(イオン)・トップバリュにより3月24日発売となった。

「安いけど、味はそこそこ」そんなイメージのPB商品がどこまで王者「パルテノ」に迫れるのか?食べ比べてみた!

そもそもギリシャ・ヨーグルトとは?

ここのところ腸内環境を整えることの重要性が取りざたされている。

花粉症からがんの免疫疾患全般および肥満はともかくとして、少年の非行まで全部腸内フローラ=腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)が命運を握っているという論調まであるから驚きだ。

ともかく腸内細菌の微妙な分布バランスで少なからず健康状態が左右されるのは間違い模様。それで腸に良いものの代名詞といえばヨーグルトであり、常食すれば良いのだが、味や匂いにクセがあるのは発酵食品の常。

そこで近年注目を集めているのが、食味の良さが際立つ「ギリシャ・ヨーグルト」。

一体何が普通のヨーグルトと違うのかというと、その製法。乳製品を温めて発酵させて出来上がるのが通常のヨーグルト。そこで終わらないのがギリシャ風で、さらにモスリンなどの布を使って濾過して余計な水分とホエー(乳清)を除去して出来上がる水切りスタイル。

ギリシャの遊牧民は紀元前からこの方法で羊や山羊の乳でヨーグルトを製造して食し、カラダを丈夫に保ってきたという。もちろん羊・山羊の乳はクセがあるので今では牛乳由来のギリシャ・ヨーグルトが主流になっている。

食味の良さで、アメリカでは40%のヨーグルトがギリシャ風に

結果的に酸味の少ない濃厚まったりな食感とクリーミーさが凝縮して、通常のヨーグルトとは違う味わいが生まれる。

その濃厚ぶりはスプーンを逆さにしても落ちないくらい。酸味と風味はだいぶ食べやすい、というか大方の人にとって非常に美味と言えるものとなる。

さらに製法の結果としてタンパク質が倍増するという健康面にうれしいポイントも追加される。そうしたところから流行先端系女性ニューヨーカーが食いつき、全米ヨーグルト・シェアの4割にまで広がるブームを巻き起こした。

そしてここ日本でも、2011年に森永「パルテノ」が日本初のギリシャ・ヨーグルトとして発売され大ヒット。あれから4年、満を持してイオンのPB商品が登場したのだ。

まずはプレーン3種比較

ヨーグルトの基本といえばプレーン。つまり素材そのまま、である。健康のために食すのなら何も加えないプレーンで食べるのが一番良いに決まっている。砂糖をたっぷり加えてしまったらその健康増進効果も半減だ。

プレーンヨーグルトは発酵した風味の上に、甘いのか酸っぱいのかはっきりしない味わいが苦手な人も多いだろうが、それがギリシャ・スタイルとなってどの程度改善されるのか、そのあたりをきちんと検証したい。

王者「パルテノ」は1カップ110g入りで141円。挑戦者イオンのPBは同じ容量で価格は138円と3円だけ安い。

これだけ価格差が小さければ、味についても肉薄したクォリティを期待してしまうが、どうか。都内スーパー店頭で明治ブルガリアの「高濃度ギリシャスタイル」も並んでいたので、あわせてこちらも比較。

「高濃度ギリシャスタイル」は85g入りで159円と圧倒的な高価格。グラム単価は他2点の1.5倍近い。

さあ、一番美味しくて、健康のために続けやすいヨーグルトはどれだろう?

■AEON トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト 脂肪ゼロ プレーン

(110g・希望小売価格 税抜138円・2015年3月24日発売)

栄養成分:1個(110g)当たり エネルギー67kcal
たんぱく質11.9g 脂質0g 糖質4.8g 食物繊維0.2g ナトリウム43㎎ カルシウム129mg
原材料:乳製品

群馬県の工場で作られたという、日本初のPBギリシャ・ヨーグルト。製造者は有名ヨーグルトブランドのダノン。

唯一平型のカップで、開けると軽く酸味のあるヨーグルト臭がする。カップの縁には乳固形分のつぶつぶした塊、カッテージチーズのようなものが付着し、本体をスプーンですくって早速逆さにしてみたが、きちんと「落ちない」

食べてみると本当に濃厚。生クリームを凝縮させてチーズのように水分を抜いたかのような食感は確かに通常のヨーグルトとは大きく違う。

半固形で、不思議に口中の水分を奪われるような感覚さえする。確かにこれならカッテージチーズのように料理にも使いたくなるし、もちもちと上あごに張り付く感覚は何とも不思議。

ただこれなら乳臭さは極めて低いので、ヨーグルトが苦手な人でも食べられるのではないだろうか。

森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン

(110g・希望小売価格 税抜141円・発売中※発売は北海道、九州エリアを除く)

栄養成分:1個(110g)当たり エネルギー110kcal
たんぱく質10.9g 脂質5.3g 糖質4.6g ナトリウム36mg カルシウム110mg
原材料:乳製品

多くのギリシャ・ヨーグルトは2倍濃縮だが、これは3倍濃縮を謳っているのが特徴。2011年の登場後、一度のリニューアルを経て現在に至る。ギリシャの大手乳業会社デルタフーズのライセンシーで製造されているもの。

香りは「AEON トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト 脂肪ゼロ プレーン」に比べるとグンと通常のヨーグルトに近い香り。CMの通りにやはりスプーンをひっくり返しても落ちない。タテ型のカップとなる。

フタを開けると乳固形分がカップの周りに付着しているのは同じだが、こちらの「パルテノ」は通常のヨーグルトのように乳清の水分がうっすらと表面を覆っている。

3倍濃縮よりも、水分量の多さにインパクトを感じる。ヨーグルト好きにはこちらの方が親しみがあるだろう。圧倒的になめらかで圧倒的に上品な味わいはさすがの完成度。

風味はヨーグルトのままなのだが、密度を高めたような味わいはソフトクリームのようにマイルド。これは極上だ!

明治 ブルガリア濃くておいしいヨーグルト プレーン 高濃度ギリシャスタイル

(85g・希望小売価格 税抜159円・発売中)

栄養成分:1個(85g)当たり エネルギー119kcal
たんぱく質5.6g 糖質5.2g 脂質8.4g ナトリウム72mg カルシウム175mg
原材料:乳製品、乳たんぱく質、食塩

こちらは正式な商品名に「ギリシャ・ヨーグルト」とは入っておらず、サブタイトル的に表記されているのみ。

お馴染み本場ブルガリアの乳酸菌を使用して、タテ型のカップに収まったそれは、他の2つと明らかにフタを開けた時点で違う。

というのも他の製品で付着していた乳固形分がカップの縁に付いていないのである。うっすらと乳清の水分をまとっているのは「森永濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン」と同じだが量が少ない。

見た目は普通のヨーグルトだが、スプーンを入れてみると硬めの豆腐のような感触。

味わってみると酸味が強く、ブルガリア・ヨーグルトの味わいがそのまま出ていて、それでいて水分が少ないというのははっきり言って微妙。

製法で濃縮するのではなく、乳たんぱく質を追加しているこの製品は、やはり名前の通りギリシャ・ヨーグルトの亜流として捉えるべきものなのかも。

プレーン比較まとめ

プレーン3種で言えばやはり日本初のギリシャ・ヨーグルトブランドとなる「森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ プレーン」が頭ひとつ抜けて美味しかった。さすが王者。マイナーチェンジもして、しっかり日本人消費者の舌に合わせて来ている感がある。

「AEON トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト 脂肪ゼロ プレーン」はギリシャ・ヨーグルトとは何なのかはきっちり味わえるが、パルテノを食べた後だと物足りなかった。価格差わずか3円だから、並んでいたら記者なら迷わずパルテノを購入する。

はちみつ味 2社比較

続いてはちみつ味を比較。糖分が加わってカロリーも上がるが、甘みがあればさらに食べやすくなるはず。自然由来のはちみつは腸内悪玉菌の殺菌効果や抗菌効果もあるとされている。

AEON トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト 脂肪ゼロ はちみつ

(110g・希望小売価格 税抜159円・2015年3月24日発売)

栄養成分:1個(110g)当たり エネルギー91kcal
たんぱく質9.8g 脂質0g 炭水化物(糖質)12.9g 食物繊維0.3g ナトリウム43mg カルシウム111mg 食塩相当量0.1g
原材料:乳製品、砂糖、はちみつ、黒蜜、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、酸味料、ベニバナ黄色素、クエン酸カルシウム

脂肪ゼロではあるのかもしれないが、はちみつ以外の添加物が多いのは気になるところ。
フタを開けてみるとたっぷりの乳固形分のつぶつぶが付着、乳清の水分も浮き出ていて、品のいいはちみつの香りが漂ってくる。もちろん逆さにしてもスプーンから落ちないのは同じ。

カップの底にはちみつの層があり、かき混ぜて食べる。はちみつの量は非常にたっぷり、はちみつ好きにはたまらない風味。まあ、はちみつ嫌いの人は避けたほうが無難なくらい、はちみつフィーチャリングである。

プレーンで味わうギリシャ・ヨーグルトに比べたら圧倒的に食べやすい。普通にデザートとして、濃厚なのに胸焼けしない生クリーム/ムースとして食べられるレベル。

森永 濃密ギリシャヨーグルト パルテノ はちみつ付

(88g・希望小売価格 税抜159円・発売中)

栄養成分:1個(88g)当たり エネルギー102kcal
たんぱく質7.9g 脂質3.8g 糖質9.7g ナトリウム26mg カルシウム80mg
原材料:乳製品、はちみつ

「パルテノ プレーン」に別添のはちみつソースをかけて食べるスタイル。面倒と感じるかもしれないが、自分で量も調整できるし、さらりとして上質なアルゼンチン産はちみつが風味最高!

これに比べると「AEON トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト 脂肪ゼロ はちみつ」のはちみつは確実にランクが落ちる。

これはもう立派な高級デザート。ムダのないなめらかで濃厚な食感は美味しいヨーグルトでありつつ、ギリシャ・スタイルを感じさせるという点で完璧。贅沢なティータイムのお供の決定版だろう。

はちみつ比較まとめ

「パルテノ」本来の美味しさに上質なはちみつが追加されているので、正直比べ物にならない。量は違うが価格は同じなので、圧倒的に「森永 濃密ギリシャヨーグルトパルテノ はちみつ付」に軍配が上がる。

総評 ~やはり「パルテノ」は圧倒的に美味い~

これまでのヨーグルトの概念を覆すギリシャ・ヨーグルトを初体験するという目的ならば、AEON「トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト」でも充分役目を果たす。

水分を絞り込むことによって、ヨーグルトはこれほど食べやすくなるのかと軽くショックは受けられるだろう。

一方で「パルテノ」は過剰に美味しくなってしまって、ギリシャ・ヨーグルトの魅力をさらに超越している感覚があった。

勝手な思い込みだが、ニューヨークのセレブの間で流行しているギリシャ・ヨーグルトはここまで美味しくない気がする。

むしろシンプルなAEON「トップバリュ セレクト ギリシャヨーグルト」の方が、健康オタク的な人々の味覚にマッチして、ウケそうな雰囲気がプンプンとしている印象だ。

どちらにしてもギリシャ・ヨーグルトは既存のヨーグルトとは明らかに別物の味わいがあるし、プロティンパウダーなどよりははるかに自然な高タンパク食品なので、試したことのない人は健康のためにもぜひ試してみてほしい!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス