記事提供:CuRAZY

あなたは「犬の十戒(じっかい)」という詩をご存知でしょうか。犬の視点から「犬への正しい接し方」を伝えた詩で、世界中に様々な形で広がっています。

今回は、そんな犬の十戒をご紹介します。

1. 私は10年くらいしか生きられません。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しいのです

2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しいのです

3. 「私を信頼して欲しい」それが私にとっての幸せです

4. あなたには他に楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいません

出典 https://www.flickr.com

5. たまに話しかけて欲しいです。言葉は分からなくても、あなたの声は私に届いています

出典 https://www.flickr.com

6. あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れません

出典 https://www.flickr.com

7. 私を殴らないでください。私は牙であなたを傷つけることができますが、あなたを傷つけないと決めています

出典 https://www.flickr.com

8. 私を叱る前に、私がどうして言うことを聞かないのか考えてください

出典 https://www.flickr.com

9. 私が年を取っても、そばにいてください

出典 https://www.flickr.com

10. 最後のその時まで一緒に側にいて欲しいのです。忘れないでください、私は生涯あなたを一番愛しています

出典 https://www.flickr.com

原点は、スタン・ローリンソン(Stan Rawlinson)さんというドッグトレーナーの方が書いたもので、国内ではこの詩をヒントに作成された「犬と私の10の約束」が有名です。

改めて私たちと犬との関係を考えさせてくれる詩ですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス