記事提供:バズプラスニュース

イギリス外務省が発表した、世界の国々の「テロの脅威」を示すマップが、インターネット上で話題となっている。テロの危険性がある国ほど濃い色で表示されており、危険性が低い国は薄い色で表示されている。

・日本は比較的安全な国

たとえば、アルジェリア、チュニジア、エジプト、フランスなどは最高度の「テロの脅威:高」となっている。逆にラオス、ベトナム、ブータン、台湾、日本などは「テロの脅威:低」。我々の住む日本は、比較的安全な国とされているようだ。

・テロの脅威:かなり高

イギリス、フランス、スペイン、ロシア、トルコ、アルジェリア、チュニジア、エジプト、リビア、ケニア、イエメン、インド、パキスタン、アフガニスタン、ミャンマー、タイほか

・テロの脅威:高

イタリア、ドイツ、デンマーク、スウェーデン、ギリシャ、ボスニア、ウクライナ、スーダン、イラン、マレーシア、中国、ペルー、パラグアイ、カメルーン、モロッコほか

・テロの脅威:低

オーストリア、スロバキア、ルーマニア、ブルガリア、ベラルーシ、フィンランド、ウズベキスタン、カザフスタン、ベネズエラ、アルゼンチンほか

・テロの脅威:かなり低

ポーランド、ハンガリー、スイス、スロベニア、モルドバ、トルクメニスタン、ベトナム、ラオス、モンゴル、メキシコ、コスタリカ、ニカラグア、ボリビア、ウルグアイ、台湾、韓国、北朝鮮、日本など

・テロリスト以外の要因で治安が悪い!?

犯罪発生率とは違うので、「テロの脅威:低」と評価されている国だとしても、テロリスト以外の要因で治安が悪いこともあり、このマップだけで安全かどうかを判断することはできない。

とはいえ、テロは「いつどこで何が起きるかわからない」ものであり、心構えとして「テロの脅威:高」の国では注意を払って行動したいものである。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス