出典 https://www.instagram.com

インスタグラムに投稿された1枚の詩。世界中がトリコロールに染まる中、『私たちが捧げるべきなのはパリへの祈りではない』とう言葉から始まるこの詩は、カルナ・エザラ・パリクさんが書いた詩です。淡々と綴られるその言葉は大きな反響を呼び今も拡散が止まりません。パリへの祈りではないという真意はいったい・・・

私たちが捧げるべきなのは、パリへの祈りではない。
世界への祈りだ。

パリの2日前に連続自爆攻撃にさらされたベイルートのことは
ニュースで伝えられない、そういう世界に祈りを捧げよう。
バグダッドの葬儀場が爆撃されても、死者に白人がいなかったから、
誰も「バグダッド」について投稿しない、そういう世界に。
祈りを捧げよう、

テロ攻撃を難民危機のせいにする世界に。
攻撃者と、あなたと全く同じものから逃げようとしている人とを
区別しようとしない世界に。
祈りを捧げよう、

背中に背負ったもの以外何ひとつ持たず、
何ヵ月もかけて国境を越えてきた人びとが
おまえたちに行くところはないと言われる世界に。
パリのために、ぜひとも祈りを捧げよう、
でもそれだけではいけない。
祈ろう、

祈りを持たない世界のために。
もはや守るべき家を持たない人びとのために。
身近な高層ビルやカフェだけでなく
いたるところで崩壊しつつある世界のために。

出典 https://m.facebook.com

エッフェル塔が光を失い、世界中がトリコロールカラーに染まりました。日本でもスカイツリーや東京タワーがトリコロールカラーに染まっていました。冷たい言い方になるのかもしれませんが、『私達は当事国ではない』不幸な出来事に心を痛めるのは皆さん同じだと思いますが、こういう時こそ冷静にものごとを見るべきではないのでしょうか。本当に祈るべきはパリだけではなく、パリを含めたすべての人々へ『世界』ということ。

多数の犠牲者が出たのにも関わらず白人に死者がいないと報道もされない世界に。物事の本質を見極めようせず、テロが報復攻撃につながり、それがさらにテロを呼ぶという負の連鎖が続いている世界に。どこに行けばいいのか背中の荷物一つ抱え途方にくれる人々を放置する世界に。祈りを持たない世界に祈る。

私たち皆が被害者であり加害者なのかもしれません。

国際社会は今、崩壊する世界の様々な問題と向き合い目を背けることはできない状態にあることを痛烈に教えてくれているのではないでしょうか。

全ての戦いの犠牲となった方々の冥福を心から祈ります。

オススメ記事も合わせてどうぞ♩

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス