1位 千と千尋の神隠し

歴代1位は「千と千尋の神隠し」。興行収入は約304億円です。

興行収入300億円を超えた日本歴代興行収入第1位の大ヒット作品である

出典 https://ja.wikipedia.org

2001年の7月に公開された作品です。

夏休みに合わせて公開された作品ですが、大ヒットしたことにより、翌年の春休みまで上映が続きました。※異例のロングラン上映になりました。

また、テレビで初放送されたときには、46~47%という、歴史的な数字を記録しています。

この作品は、第25回日本アカデミー賞 最優秀作品賞、第75回アカデミー賞 アカデミー長編アニメ映画賞、第52回ベルリン国際映画祭 金熊賞など国内外で多数の賞を受賞しています。

・トリビア

あの世界には四季がありません。

咲いている花を見れば一目瞭然。「アジサイ」「ツツジ」「ウメ」「ツバキ」どれも、同時に咲くことはない花です。

出典 http://athena-minerva.net

湯婆婆がカオナシに向かって、「かめはめ波」のようなものを撃つシーンがあります。

宮崎駿は絵コンテに「ドラゴンボール風」とちゃんと書いてあるんです!

出典 http://athena-minerva.net

あのシーンで監督は、ドラゴンボールをイメージしていたそうです。

2位 タイタニック

歴代2位は「タイタニック」。興行収入は約262億円です。

日本歴代興行収入第二位を誇る映画『タイタニック』。日本でもその名前を知らない人はいないはずの名作中の名作です。

出典 http://ciatr.jp

1997年の12月に公開された作品です。

世界の歴代興行収入でも第2位です。

第70回アカデミー賞は、「タイタニック」の独壇場でした。※ただし、演技部門の受賞は逃しています。

14部門のうち、アカデミー賞作品賞やアカデミー賞監督賞など、11部門を受賞するという快挙を遂げます。

出典 http://academy-show.info

テレビで放送されたときの視聴率は、約34~35%だったそうです。

・トリビア

たくさんの人が真似たタイタニックのポーズには、モデルがあるそうです。

ルーヴル美術館に所蔵されている女神・ニーケーの彫像です。このポーズは船の船首に立つニーケーの真似ごとだということです。

出典 http://ciatr.jp

また、作品の中でジャックが描いたスケッチは、監督のジェームズ・キャメロンによるものだそうです。てっきり、プロの画家が描いたものだとばかり思っていましたが…

監督の絵の上手さと作品に対する情熱に驚きますね。

3位 アナと雪の女王

歴代3位は「アナと雪の女王」。興行収入は約255億円です。

日本での興行収入は、2014年6月、『ハリー・ポッターと賢者の石』を上回り、公開128日間で日本歴代3位

出典 https://ja.wikipedia.org

日本では、2014年の3月に公開された作品です。

世界の歴代興行収入では第5位です。

第86回アカデミー賞で、長編アニメ映画賞、歌曲賞を受賞しています。

・トリビア

ラプンツェルがカメオ出演しています。

『塔の上のラプンツェル』の登場人物であるラプンツェルとフリン・ライダーがカメオ出演している

出典 https://ja.wikipedia.org

ちなみに、隠れミッキーも出演しています。

エルサの声を演じだイディナ・メンゼルは、「塔の上のラプンツェル」のオーディションに落ちていました。「塔の上のラプンツェル」には落選しましたが、そのとき注目されリストアップされていたようです。

「塔の上のラプンツェル」のラプンツェル役のオーディションを受けるも落選。

出典 http://oscar-no-yukue.com

エルサは21歳だそうです。

登場人物たちの年齢設定は以下の通り。アナ=18歳、エルサ=21歳、クリストフ=21歳、ハンス=23歳。

出典 http://oscar-no-yukue.com

ディズニーのプリンセスの中では、初めての20代だそうです。

4位 ハリー・ポッターと賢者の石

歴代4位は「ハリー・ポッターと賢者の石」。興行収入は約203億円です。

日本での興行成績は『千と千尋の神隠し』『タイタニック』に次ぐ3位を記録したが、2014年現在アナと雪の女王に抜かされ、4位となっている。

出典 https://ja.wikipedia.org

日本では、2001年の12月に公開された作品です。

・トリビア

基本的にはイギリス人の俳優が演じています。※例外あり

配役にはすべてイギリス人俳優を起用している。

出典 https://ja.wikipedia.org

当初スピルバーグが監督の候補になっていたそうですが、辞退したそうです。

監督にスティーヴン・スピルバーグ、ハリー役にハーレイ・ジョエル・オスメントが候補の一つにあげられていた。

出典 https://ja.wikipedia.org

エマ・ワトソンが初恋の相手に出会ったのが、この映画です。

「最初の2作まで完全にわたしは彼にお熱でした。彼はそのことを知っていたみたい」と意外なことにトムはエマの熱視線に気づいていた

出典 http://www.cinematoday.jp

トム・フェルトンがその相手。この初恋は、エマの片思いに終わったようです。

5位 ハウルの動く城

歴代5位は「ハウルの動く城」。興行収入は約196億円です。

スタジオジブリが製作し、2004年11月20日に公開された。

出典 https://ja.wikipedia.org

ジブリ作品が2本ランクインしました。すごいですね。

公開2日目で観客動員数110万人、興行収入14億8000万円と、日本映画としては当時の歴代最高のオープニングとなり、2005年5月1日までに観客1500万人を動員。

出典 https://ja.wikipedia.org

当初は、「千と千尋の神隠し」を凌ぐような勢いだったそうです。

・トリビア

最初の監督は、細田守さんでした。

ハウルの動く城の最初の監督は、細田守だったそうです!

出典 http://athena-minerva.net

その後、諸事情によりプロジェクトは中止になります。その後、宮崎駿さんに監督が変わり、現在の作品が完成しました。

城を動かすのは「逃げるため」でした。

ハウルが城を動かすのは、虜にした娘に追い回されているから。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ハウルは荒地の魔女と王様(もしくはサリマン)から逃げています。

出典 http://homepage3.nifty.com

理由はひとつではありません。

いくつかのトラブルを避けるために、城を動かしています。

まとめ

以上、歴代映画ランキングとトリビア!今度みるとき印象が変わるかも…日本人が大好きな映画5選でした。まだみていない人には、おすすめの映画でもありますよ。

すでに何度もみた…という人も、トリビアを踏まえてみれば、印象が変わるかもしれません。たとえば、「ハリー・ポッターと賢者の石」で、注意深くみると、エマの芝居から個人的な感情が読み取れるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス