警官に停車させられたグーグルの無人カー。

11月12日 カリフォルニア州マウンテンビューで、グーグルのストリートカーが警官によって停車させられました。警官が車に近付いたところ、車内に運転者の姿はなく、それが無人カーであることが分かりました。

グーグルだから許される?

カリフォルニア州では、無人カーとは言え運転席には人が乗っていなければなりません。それにもかかわらず、法律家は無人で走れる車の法整備にやっ気になっているそうです。おそらく、企業(グーグルのような)からの圧力があるものと考えられます。

この車は、速度35mph(約56キロ)で走るべきところを24mph(約38キロ)で走行しており、それにより渋滞が起こっていました。それに気付いた警官が、その原因となっていたグーグルカーを停止させたのです。合衆国の道交法によると、グーグルの無人カーは35mph以下で走行しなければならないことも決まっています。警官は停めた車に近付くと、乗組員に対して、一定の道路では巡航速度を順守することと、州の道交法を教えるに至りました。

グーグルの反論は?

出典 http://www.usatoday.com

これがその無人カー。ハンドルもペダルも無く、あるのはベンチ型のシートだけ。

ハンドルもなければペダルもなく、通常の車とは全く様式の異なるグーグル無人カーは、これまでに160万キロメートル以上の走行距離があり、事故を起こしたのは11回だそうです。しかも、そのいずれもが人身事故ではありませんでした。

警官の行為に対してグーグルは、自社のブログでこう述べています。「遅く走り過ぎって?人がこの速度で運転していてもそうは停められないよね」と。さらに、車を見た人に親近感が湧くように、また近付きやすくするためにゆっくり走っているのだとも言っています。そして、「人は我々の計画をもっと知りたいがために、この警官のように時々車を停めるのだ」とも言っています。

確かに、グーグルストリートビューは使い勝手があるサービスかもしれません。しかし、そうは言ったものの、この車の後続が渋滞に見舞われるような事態が発生するのはいかがなものでしょうか?交通量の極少ないところをトロトロと進んで行くなら別ですが、それ以外の道では邪魔にならないよう努めてもらいたいものです。ともすると、大きな会社や社会的に認知された企業は、自らの行いが全て正しく貢献していると思いがちです。ただ、その存在によりいささかの迷惑を被る人がいることも学ばねばなりません。企業と一般人が持つ思考のギャップを埋めることも、また社会を担う者が負う責任だと感じます。無人カーが暴走しないことを祈ります。

この記事を書いたユーザー

ワードプロバイダー このユーザーの他の記事を見る

今季おススメのアニメは「うしおととら」。海外ドラマでは「ブラックリスト」。これまでに見た映画の中では、個人的トップ10の常連である、「フィッシャー・キング」です。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス