飛行機に乗って窓の外を見ていると、下に小さな穴が開いているのに気づきますよね。あれって、なぜか子供の頃から気圧を調整するんだって思い込んでいました。ときどき、爪楊枝でも突っ込んでみたい衝動にかられることも(笑)!

あれは飾り?なんのために開いているの?

あの穴が開いてないと、窓ガラスが割れる!そんな風にどこからともなく聞いて信じ込んでいたのは私だけではないでしょう。

気になるので調べてみました。

あの小さな穴、実はとても大切な安全を保つ役割をしていたのです。

あの穴は英語で”breather hole”と呼ばれていて、窓の内側と外側の窓ガラスとの間を通過する圧力の量を調節するために開けられています。

要するに、構造的には外側のペインが最も大きな圧力に耐えることができ、もしさらなる圧力や力などの負荷がかかっても、それは外側のパネルだけに起こるということになります。よって、キャビンの中の乗客は呼吸ができるというわけです。

そして、あの穴はペインの間にこもった水分を吸いあげて窓が曇らないようにするために開けられているのです。飛行機に乗っているとき、窓側に座った乗客の楽しみといえば、それは外の景色を見ること。だから、窓が曇っていてはとても残念なことになっていsまいます。曇りのない美しい景色を見るためにも、あの穴があるというわけです。

ある航空会社によりますと、飛行機の客室の窓ガラスは、アクリル樹脂の3枚のパネルからなっています。厚さは外側と中央が5ミリ、内側が1ミリだそうです。

飛んでいる時は、上空の気圧が低いので機内に空気を送り、気圧を一定にしています。つまり、風船のように膨らんだ状態になっているそうです。

この内部からの圧力は外側と中央、いずれか一枚のパネルで支えられます。ただ、片方だけに圧力がかからないように、中央に穴を開けているのだそうです。

同時に、冷たい外気と暖かい機内の空気の間に、空気の層を設けることで、両パネルの温度差を少なくし、曇らないようにしています。

内側のパネルは単に外側と中央の窓ガラスを保護しているだけなのだそうです。

出典参考文献 読売新聞大阪本社著 『雑学新聞』(PHP研究所)

上の画像を見ると、構造が良くわかります。

出典 http://interestingengineering.com

時々穴の周りに氷みたいなものができているのも見ることがありますよね?これについては、本来は起こるべきではないのですが、しばしば見られることなのだそうです。ただし、安全性については全く問題はありませんので、安心してくださいね!

次回飛行機に搭乗する際は、窓に穴がある理由、これは見知らぬ人と会話をはじめるきっかけになるかもしれませんよ。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス