出典 https://www.facebook.com

たまたま通りかかった道で見掛けた光景は、胸が苦しくなる程せつないものでした。車で轢かれたと思われる息絶えた犬のそばにたたずむ白いグレート・ピレニーズ。

「誰か、この哀れな犬を救ってあげられませんか?たぶん、もう1匹は車に轢かれたんだと思います。きっと、彼は友達を守っているんだと思うの」

出典 https://www.facebook.com

この写真を撮影したのはSamuel Floresさん。この光景を目にし、居ても立っても居られず自身のFacebookにコメントをつけ投稿しました。

出典 https://www.facebook.com

そして、この投稿をみてすぐ行動に出てくれたのは動物愛護団体のボランティアのJulie Fennellさん。実はこの投稿はSamuel Floresさんが動物愛護ボランティアのFacebookページを検索し『同情だけではなく本当に力になってくれる人』を必死に探した結果、Julie Fennellさんが投稿を目にし行動に出てくれたのでした。

出典 https://www.facebook.com

Julie FennellさんはSamuel Floresさんとメッセージを交わし現場に急行。彼女が見る限りでは、路面に付着した血痕から見て道路で車にはねられた茶色い犬を白い犬がくわえて路肩の芝生の上まで連れてきたのは明白だったそう。

Julie Fennellが到着した時、横たわる茶色の犬は完全に息絶えてました。彼女が優しく声を掛けながら白い犬に近づきましたが、威嚇して吠えてきたそうです。しかし、彼女は自分はあなたを助けにきた危害を加えるつもりのないことを辛抱強く伝えた結果、白い犬はおとなしくなったと自身のFacebookでコメントしています。

白い犬を車に乗せ走りだすと犬は後ろを振り向き、小さくなっていく茶色い犬を見送るような表情をみせ、いつまでもみつめていたと言います。

このニュースはNBCでも放送されました。ニュースによると、首輪や鑑札もなくマイクロチップも埋め込まれていなかったため、この2匹が飼い犬なのか野良犬なのかは不明。現在、白い犬はダラス動物センターで保護され、飼い主が現れなかった場合はグレートピレネー犬専門の保護施設に移されるそうです。

どんな気持ちで息絶えた仲間を路肩まで引っ張っていったのでしょう。想像するだけで胸が締め付けられます。死ぬということは二度と動かなくなるということ。でも目の前にはさっきまで動いていた仲間が・・・仲間の死を理解したのか傍から離れず佇んでいた白い犬。どうか、この白い犬に新しい家族が現れますように。そして、この茶色い犬の分まで幸せになって欲しいと願ってやみません。

Thanks for reading to the end♩

オススメ記事も合わせてどうぞ♩

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス