これ、なんて書いてあるか読めますか?

出典 http://kanjiwatch.handcrafted.jp

時刻は12時30分。これはなんとなく分かるんだけど…

実はこの時計、時が進むにつれ形が崩れていって、1時間経つと正しい形に戻るという、世界でも類を見ない、時計の時針と分針を組み合わせて漢字の文字を表した「漢字時計」なんです。

この時計の正しい形は…

「愛」

出典 http://kanjiwatch.handcrafted.jp

1時間に1回、この形に戻ります。

ハンドメイドの時計や宝飾品など、アクセサリーの製造販売を手掛ける「アトリエ自由人」が、2015年11月12日(木)より提供を開始しています。

制作者は、職人の小柳健一さん。元々手先が器用だった小柳さんが、日本の美しさを表現出来て、且つ世界的に見ても独創的な製品が創れないかと試行錯誤を重ね、そして誕生したのがこの「漢字時計」なんだそうです。

その他にもこんな作品たちが

出典 http://kanjiwatch.handcrafted.jp

30分経つとこうなります…

出典 http://kanjiwatch.handcrafted.jp

こちらも30分経つと…

出典 http://kanjiwatch.handcrafted.jp

これはただでさえややこしい漢字なのに…

出典 http://kanjiwatch.handcrafted.jp

嵐ファンがエライことになりそうですね…。

お値段は、10万円のものと18万円のものがあるようです。

オーダーメイドだと18万円~なんだとか。出産祝い(一文字の名前の子に)とかに良さそうですね!

今後の展望としては、多言語のECサイトを構築して、2017年末までに世界30カ国への販売を目指しているんだとか。漢字は海外でも人気ですもんね。

これは今後のグローバル展開が楽しみですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス