出産後、イライラが止まらないママが急増

出産というのは、女性にとって人生で何回かの重要な出来事です。
夫婦の間に授かった子どもを生み出すのは、多かれ少なかれ「産みの苦しみ」を経験しています。
それによってか、ママの母性は産後すぐからMAXですが、パパはそうはいきません。

「自覚が足りない!」とイライラするママも多いはず。そこで今回は、そんなママへの対処法をご紹介します。

1. 気分転換は必須!

ママの気分転換、きちんとできていますか?

今まで働いていたママであれば、妊娠・出産を機に家から出ることも少なくなり、ストレスも溜まって当たり前です。
まだ言葉の通じない子どもと二人きりであれば、ストレス解消も難しいですよね。

休日にパパに預けて1時間だけお茶をしに行ったり、美容院へ出かけたり、新しいコスメを買ったり・・母親から女性に戻る時間を持つようにしましょう。

一時保育を利用しても、もちろん子連れでママ友とお出かけでも何でもいいんです。
「息抜きしたなあ・・」と感じるような出来事を楽しみましょう。

2. 夫婦仲良くを心がける

夫婦といっても他人同士。もちろんぶつかり合う日もありますよね。
でも、そのケンカ、本当にしなくてはいけないケンカですか?

余計な一言がケンカに発展したり、必要以上にキツイ物言いで怒鳴ったりしていませんか?

まずは、旦那さんへの感謝の気持ちを持つことから始めましょう。
「あんな人、怒鳴られて当たり前!」なんて思っていてはいつまでたっても夫婦仲は改善しません。
それどころか、その先にあるのは離婚以外ありません。

何に対してでもいいんです。
「家事を手伝ってくれた」とか「おむつを変えてくれた」とか「今日も元気に会社へ行ってくれた」とか・・
妻と子どもを養う義務があるので、もちろん仕事するのは当たり前なんですが、それに妻が感謝しなくなったら、夫も働く気力を失ってしまいます。
最初はお芝居でも、「今日もお疲れ様」と一言かけてあげると、旦那さんの心も癒され、最初はお芝居だったその言葉に気持ちがこもってきますよ!

3. ママ同士つながろう

「ママ友ってめんどくさそうでいらない」なんて思っているママはたくさんいると思います。
しかし、ママ同士の横のつながりはとっても重要なんです。

ママ友同士であれば、夫と子どもがいるという同じ境遇で生活しています。
不満や欲求が同じ場合も多いです。
話をするだけでお互いに共感できたり、アドバイスをもらえたり・・様々なメリットがあるんですよ!
深くかかわる必要はありませんが、ママ友を作るというのも、気分転換のひとつなのかもしれません。

4. 新しいことをはじめてみる

産後の身体は体力が落ちていて、なかなか思うように動きません。
しかし、そのまま何年も過ごすわけにはいきませんよね。

そこで、運動を始めるというママも多いですよ!
パパが家にいる時間帯にジョギングをしたり、子連れOKのヨガに参加してみたり・・運動でなくても、編み物や裁縫、資格の勉強など様々です。

最近では子連れOKや託児付きのサークルも増えていますので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?
筆者も子どもを持つ母親ですので、産後のイライラはとっても良く分かります。

でも、とにかく離婚したいママなんて、そうはいません。
みんな「できれば夫婦円満に過ごしたい」と思っているはずです。

しかし、夫に変わってもらおうとしてもなかなかうまくいきません。
旦那さんも、急にイライラしだしたママに困惑しているのかもしれませんね。
一度深呼吸して、自分は間違っていないのか、もう一度顧みてみましょう。

この記事を書いたユーザー

caco* このユーザーの他の記事を見る

spotlight公式プラチナライターになりました!
2015年1月生まれの男の子と、2016年10月生まれの女の子のママです!
ブログでは育児日記を中心に更新中*

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • 恋愛
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら