記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「内反小趾(ないはんしょうし)」と聞くと、多くの人が「外反母趾(がいはんぼし)じゃないの?」と思うのではないでしょうか?

母趾(ぼし)は親指のこと、小趾(しょうし)は小指のことなんです! 今回はこの 内反小趾という疾患ついて、医師に話を聞いてきました。

内反小趾の症状

母趾は足の親指のこと、小趾はそれとは反対側の、足の小指のことを指します。つまり内反小趾は、足の小指が内側、つまり薬指の側に曲がる疾患のことなのです。

靴下を脱いで足を見るとわかりますが、日常的に靴を履く足の小指は、足の薬指に寄り添うような形で少し曲がっていることが多いです。このこと自体はごく一般的で、痛みなどがなければ心配ないのですが、特につま先の細い靴やハイヒールなどを履く習慣のある人の中には、小指の付け根の外側に強い痛みが出たり、タコができて日常生活に影響が出る人もいます。これが「内反小趾」の症状です。

内反小趾の原因

この内反小趾の原因は、もともとの資質と環境の組み合わせによるものです。

1. 資質
足の小指の付け根部分から足の甲までにわたる「第五中足骨」と呼ばれる骨の骨頭(足の小指の付け根部分と接している部分)が幅広だったり曲がっている

2. 環境
足に負担のかかる靴、例えばハイヒールや幅の狭い靴などに足を押し込んでいるので、骨頭部分が靴に当たっている。この状態を日常的に繰り返している

改善法

小指の付け根の外側に痛みがあって「内反小趾かな?」と感じたら、足に負担のかからない幅広の靴に変えてみるとよいでしょう。軽症の場合は、これだけでもずいぶん痛みが和らぎ、楽になるでしょう。現在は、ビジネスシーンにも十分に対応できるようなフォーマルな靴の中にも、足の健康に配慮した負担のかからない幅広なものも出てきていますので、探してみるのもよいと思います。

痛みがなかなかおさまらない場合は、医療機関を受診しましょう。外反母趾、内反小趾とも足のトラブルは整形外科の領域になります。

整形外科での治療

内反小趾で整形外科を受診した場合、足のレントゲンを撮り、骨の状況を確認します。そしてその結果や状況に合わせ、改善方法を提示します。補助に使うものには、足底版やパッドなどがあります。

1. 足底版
足の裏に当てて中足骨のアーチの広がりを防ぐ

2. パッド
骨が当たる部分をガードする

など。これらの方法で奏功しないほど、症状が進んでいたり、痛みが強い場合は手術を行うこともあります。

≪自分には関係ないって思ってない?実は多くの人が感染しています≫
1分で簡単チェック【水虫度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

ずっと足の小指の付け根あたりの痛みに悩んでいらっしゃるかたは、思い切って医療の手を借りることで楽になる可能性が十分あると思いますよ。内反小趾かな? と思ったら、是非医療機関に頼ってみてはいかがでしょうか。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス