飛行機の乗り継ぎに失敗した男性が、誰もいない深夜の空港で一人、iphoneを使って撮影、制作したミュージックビデオ。これが、全て一人で制作したとは到底思えない…素晴らしい作品に仕上がっていましたので紹介したいと思います。

乗り継ぎに失敗し、ラスベガスのマッカラン国際空港に一晩取り残されることになった“Richard Dun”さん。はじめは、本を読んだり、ゲームをしていたそうですが、徐々に空港内の店が閉まり、空港に取り残されたのが一人だとわかった時、その、あまりの寂しさを紛らわそうと…、iphoneを使って、ミュージックビデオを作ることを決めたのだそう。(笑)

『自分がどんな辛い状況に置かれているのかを記録しようと思った』

と語るRichardさん。なお音楽は、彼が大好きなセリーヌ・ディオンがカバーした、エリック・カルメンの名曲『All By Myself 』を選曲。

かくして、一人ぼっちの寂しさを紛らわせるべく、監督、撮影、編集等、全て一人で行うミュージックビデオの撮影が始まりました。

チケットカウンターにいた女性に、荷物用の粘着テープを1つ貰い、様々な場所にiphoneを固定し撮影された…この動画。

ズームイン・ズームアウト機能を巧みに使い、撮影された作品は…

とても一人で撮影しているとは思えないクオリティ。

画質こそ劣るものの…

暇を持て余した“Richard”さん。(笑)

誰もいない空港を思う存分使用し…

セリーヌ・ディオンがカバーする『All By Myself』の世界観を、完璧に表現します。

では、iphoneのみで制作したとは…とても思えない、素晴らしいミュージックビデオ。ご覧下さい!

出典 Vimeo

これは泣ける!

iPhoneで撮影した動画を、アップル社のソフト『Final Cut Pro』で編集し、制作されたこの動画。最後は水をぶちまけるという暴挙に出ましたが、暇つぶしで作ったとは思えないクオリティ。妙に感動してしまったのは私だけじゃないはずです。

なお、この動画。制作後、瞬く間に1000万アクセスを突破し、この動画の存在を知ったセリーヌ・ディオン本人から、ラスベガスのショーに招待されるというサプライズが!これは本当に…羨ましすぎます。

壮大な暇つぶしによって生まれた…まさかの奇跡。以上、『飛行機の乗り継ぎに失敗した男性が深夜の空港で撮影したミュージックビデオが素晴らしい!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス