そろそろ忘年会の予約をしておかないと!という人も増えるのがこの季節です。

昨年は泥酔して醜態をさらけ出してしまった人、二日酔いで翌日の仕事に支障が出た人、まあ、一晩ぐっすり眠れば大丈夫だろうと軽く考えていませんか?

アルコールが体から抜けるまでは、思っている以上に時間がかかります。
「もう酔いは冷めた」と思っているだけで、判断能力や体の機能はまだ元には戻っていませんよ!

どれくらいの時間がかかるのか、見ていきましょう!

体重1㎏あたり1時間で0.1gのアルコールが分解

アルコールは、体重1㎏あたり、1時間で0.1gのアルコールしか分解できません。


ビールがアルコール度数5%、焼酎が25%、日本酒が15%、ワイン12%、チューハイ4%、ウイスキー40%だと、


ビール500mlのアルコール量は 25g
チューハイ350mlのアルコール量は 14g
焼酎90mlのアルコール量は 22.5g
日本酒180mlのアルコール量は 27g
ワイン120mlのアルコール量は 14g
ウイスキー60mlのアルコール量は 24g
です。

体重が60kgの人の場合、1時間で6gのアルコールしか分解できないので、

ビール500mlは 4.2時間、1000mlは8時間
チューハイ350mlは 2.3時間 
焼酎90mlは 3.8時間
日本酒180mlは4.5時間、 2合で9時間
ワイン120mlは 2.3時間
ウイスキー60mlは 4時間 
かかります。

体重が50kgの人

ビール500mlが 5時間
焼酎90mlが4.5時間 
日本酒1合=180mlが5.4時間 2合で10.8時間

もかかるのです。

夜10時に飲んだら、翌朝はまだ残っています

体重50㎏の人は、日本酒2合のアルコールを分解するのに、健康な肝臓で約10.8時間かかります。
夜の10時にのみ終わっても、朝の8時はまだ完全にアルコールが抜けきっていません。

翌朝は、電車やバスで通勤してください。

肝臓が弱っているとさらに時間がかかる

この計算式は、あくまでも健康な人です。

お酒に弱い人や肝臓が弱っている人、肝臓がお疲れ気味の人はさらに時間がかかります。
連日忘年会が重なっている時などは、アルコールの分解に時間がかかるので、要注意です。

肝臓は毒性の強い物から処理していく

肝臓には解毒作用がありますが、この解毒作用は毒性の強い物から順番に行います。
早く体外に出した方がよい物は、早く処理してしまうのです。

何らかの病気で薬を飲んでいる人は、もしかしたら薬が先で、薬を分解する仕事を終えてからアルコールの分解を行うかもしれません。
タバコを吸う人は、タバコの処理の方が先になるでしょう。

それを考えると、お酒が完全に体から抜けるのは、翌朝では到底無理なのです。
ちょうど特急列車の通過待ちをしている急行電車と同じです。

そして、お酒を飲みながら食べた料理は、各駅停車のようなもの。これらは、おそらく一番最後に分解されます。

ウコンは胃を荒らすことも

ウコンドリンクに関しては、後日詳しい記事を書く予定ですが、胆のう炎や胆石の人、胃潰瘍や胃炎の人は悪化する可能性もあります。

連日の忘年会で胃が弱っている時にウコンドリンクを飲むと、余計に胃が荒れる可能性ありです。

酔わないためには・・・

じゃあいったい、どうすればいいんだよ!!とイライラしてきた人もいるかな?

ハイ!、飲まなければいいんです。
と言うと、ケンカを売ってるみたいになるので、ここは一般的に「飲み過ぎないように!」としか言えません。すみません。

ウーロン茶にする、お酌に回る、カニをほぐす人になる、余興の練習に行って抜け出す、などなど・・・・etc
少しで済むように工夫してください。

飲み過ぎないように節度を持って、楽しく飲むのが一番です。
親睦を深め、お互いを労うのが忘年会。酔いつぶれるのが目的ではありませんからね。
乾杯からウーロン茶やジュースでもOK!

まとめ

★アルコールが体内から抜けるのは意外と時間がかかる。

体重60㎏の人で日本酒を2合飲めば、アルコールが体内から抜けるまでに
9時間かかります。

★夜の10時に飲めば、日本酒2合でも翌朝の出勤時はまだアルコールが体内から抜けていません。
車での通勤は止めてください。電車やバスで通勤しましょう。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス