今やお箸をきれいに持ってお箸のマナーをしっかりと守って食事ができる人は、数少なくなっているのではないでしょうか?

忘年会は和食だけど、いつもお弁当のごはんはスプーンやフォークで食べているからお箸は苦手だ・・・という人も多いようです。

刺し箸や探り箸などついついやってしまいがちですが、やってはいけないお箸のマナーは、知っておきましょう。

①ねぶり箸

お箸に付いたものを口で舐めるのを、ねぶり箸と言います。
お箸の先にネギが付いたときなど、ついついやってしまいがちですが、NGです。

②刺し箸

料理にお箸を突き刺して食べること。

イモ類などでやってしまいがちですよね。でもお箸はフォークではないのでこれもNGです。
恋人が刺し箸で食べているのを見て幻滅した、という男性もいますので注意しましょう。

③迷い箸

お箸を持ったままどれにしようかなぁと、料理の上を移動すること。


④指し箸

お箸で人を指さすこと。
これも男性が嫌う女性がついついやってしまうNGマナーです。

⑤探り箸

お椀や器の中を探って、自分の好きな具を探り出すこと。
茶碗蒸しの中からギンナンを探り出したりしないように!

⑥涙箸

お箸の先端から、汁をポタポタと垂らすこと。

これはもう見るからに汚らしいですよね。私の服にその汁、垂らさないでよ!って感じです。

⑦噛み箸

お箸の先端を噛むこと。
何かストレスが溜まってるんかな?

⑧渡し箸

食事の途中で器の上にお箸を置くこと。
「もういりません」の意味になります。

⑨かきこみ箸

茶碗を口に当てて、お箸で口の中に掻き入れて食べること。

⑩寄せ箸

お箸で食器を自分の方へ引き寄せること。

ついついやってしまいそうなものが、たくさんあったのではないでしょうか?
でも、知っているのと知らないのとでは、やってしまう頻度もずいぶん違ってくると思います。

お箸をきれいに持つこと自体が、もはや難しいことかもしれませんが・・・

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス