永遠の少年・うのたろうです。
お弁当大好きです。

さて。
お弁当といえば、楽しみなのがおかずです。
子どものころ、どんなおかずが好きでしたか?

卵焼きやからあげ、まっさきにあげられるのはこのあたりでしょうか。
しかし、それとおなじくらいに人気のあるおかずがあります。

ミートボール――

甘辛のタレにたっぷり浸かったミートボールを口にふくむと、ほっぺたの内側がきゅうっとしてきます。そして噛みしめると肉汁がじわあっとでてきます。ねっ。すぐに想像できるでしょ? ミートボールって、それくらいにおいしいですよね。

そんなミートボール。
使い道はなにもお弁当のおかずだけじゃありません。
夕食時にだせば前菜にもなるし、メインにだってなり得ます。
今日はそんなミートボールのお話しです。

しかもただのミートボールじゃありません。

「チーズミートボール」

読んで字のごとく、チーズのはいったミートボールです。肉汁+とろけたチーズ……そんなおいしいチーズミートボールの基本的なレシピから、さまざまなアレンジレシピをご紹介いたします。

それでは、クッキングスタートです……

簡単!「チーズミートボール」の基本レシピ

挽き肉300gで、だいたい20個~25個くらいのチーズミートボールができます。

【材料】
合挽き肉……300g
卵……1個
パン粉……大さじ2
塩コショウ……少々
ナツメグ……小さじ1

プロセスチーズ……5~6個
小麦粉……適量

ケチャップ……大さじ4
ウスターソース……大さじ4


【つくり方】
①合挽き肉、卵、パン粉、塩コショウ、ナツメグを混ぜてしっかりとこねます。ハンバーグをつくる要領です。
②充分にこねたらミートボールらしい適度な大きさにわけます。
③プロセスチーズを4等分にカットしてタネのなかにそれぞれいれて、綺麗につつみ丸めます。
④すべてまるめ終えたら小麦粉をまぶして熱した油で揚げます。


※ソースのつくり方
①フライパンにケチャップとソースをいれて軽く煮立たせます。
②煮立ったら火をとめて揚げたミートボールを投入し絡めます。


完成です。
これが基本のチーズミートボールです。基本はひき肉を混ぜて、ちぎって小さくして、なかにチーズをいれて、くるっとまるめて揚げるだけ。非常に簡単につくれるうえ、トロっとしたチーズが絶品です。では……

アレンジレシピ①「揚げずにつくるチーズミートボール」

次にアレンジレシピ①「揚げずにつくるチーズミートボール」です。


【材料】
豚ひき肉……300g
玉ねぎ……1/2個
卵……1個

パン粉……1/3
カップ牛乳……大さじ1
塩こしょう……少々
ナツメグパウダー……少々
プロセスチーズ……6個
ケチャップ……大さじ4
とんかつソース……大さじ4


【つくり方】

※準備
①玉ねぎをみじん切りにする。
②チーズは小さく4等分に切る。
③ひき肉に塩こしょうとナツメグで下味をつける。

※調理
①卵、玉ねぎ、パン粉、牛乳を挽き肉にくわえてよく混ぜる。
②ミートボールに最適なサイズ(大さじ1ていど)をとって、チーズをつつんで綺麗に丸める。
③できたものをフライパンに投入。水を少々いれて中火で蒸し焼きにする。
④むらがでないよう転がしながら焼き、火が通ったら火をとめる。
⑤ケチャップとソースをフライパンにいれて、ミートボールに絡める。

完成です。
油で揚げていないぶん、基本レシピよりもヘルシーです。ただしこちらは玉ねぎをみじん切りにしたりと少々手間がかかってしまいます。

アレンジレシピ②「野菜たっぷりのチーズミートボール」

次のアレンジレシピは野菜たっぷりのヘルシーレシピです。

【材料】
挽き肉(牛、豚、鶏お好みでOK)……200g
豆腐……100g
野菜(ニンジン、玉ねぎ、パセリなどお好みでOK)……100g
プロセスチーズ……5~6個

塩……少々
こしょう……少々
マヨネーズ……大さじ1
片栗粉……大さじ1


【つくり方】
①挽き肉、水切りした豆腐、みじん切りにした野菜類をフードプロセッサーにいれる。
②塩、こしょう、マヨネーズもフードプロセッサーにいれる。
③フードプロセッサーの電源をいれる。撹拌する。

※フードプロセッサーを使用しなくても、手でこねるだけでもOK。

④大さじ1くらいの大きさにタネをちぎる。
⑤タネ1つひとつにチーズをいれてつつんで丸める。
⑥片栗粉をタネにつけて熱した油で揚げる。

完成です。
これはタネにマヨネーズの味がすでについているのでソースなしでもさっぱり食べられます。どちらかといえば、前菜むきのアレンジレシピです。また、なかにいれる野菜に決まりはありません。ホウレンソウをいれてもおいしいですし、いろいろと試してみてください。野菜嫌いのお子さんも、食べてくれると思いますよ。

アレンジレシピ③「フワフワ食感のチーズミートボール」

最後のアレンジレシピは、お麩をいれてフワフワ食感にしたものです。


【材料】
豚ひき肉……200g
お麩……15g(約30個)
玉ねぎ……1/2個
片栗粉……大さじ1

マヨネーズ……小さじ2
塩こしょう……少々
プロセスチーズ……5~6個
ケチャップ……大さじ4
ソース……大さじ4


【つくり方】
①お麩を水で戻し、水気を切ったらみじん切りにしてください。
②玉ねぎもみじん切りにします。
③挽き肉、お麩、玉ねぎを混ぜます。

④大さじ1くらいのタネをとり中央にチーズをいれてつつんで丸めます。
⑤熱した油でこんがり揚げます。揚げ焼きでもOKです。
⑥ケチャップとソースを混ぜて、そこに揚がったミートボールを絡めます。

完成です。
これでフワフワのチーズミートボールが完成します。お麩がはいるため、お肉の量は200gに減らしてあります。やはり20個~25個くらいのミートボールができます。

まとめ

以上のレシピはすべて3~4人まえ(20~25個)くらいできる分量です。
どれも基本はすべておなじで、ちょっとした工夫をするだけでバリエーションに富んだチーズミートボールをつくることができます。

簡単でおいしく時間もかかりません。
今夜のおかずのプラス一品にいかがでしょうか?

多めにつくって次の日のお弁当にしてもいいですし、その日のメインにも前菜にもなります。

さらに、もっといえば、この「チーズミートボール」はまだ基本中の基本です。このチーズミートボールを使ってパスタをつくったり、スープにいれたり、串に刺して焼き鳥ふうにしたりと、あなたのアイデア次第でいろいろなバリエーションがつくれます

つくり方にもバリエーションがあるうえ、料理の幅もぐーんと広がる。ひじょうに便利な一品ですよ。

おいしいですよね、ミートボール。
ぼくも好きです。

あーあ。
誰かぼくにもお弁当つくってくれないかな。

おなか鳴ってきちゃったよ。
腹ペコの永遠の少年・うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス