記事提供:カラパイア

ディズニーの世界が大好きな人にとってディズニーランドは魅力的な会社だ。スリル満点のアトラクションやミッキーやドナルドといった人気キャラクターなど、そこには子供の夢がたくさん詰め込まれている。

だからこそ、1955年にディズニーランドがオープンして以来人々に愛され続け、また同時に大勢がそこで働きたいと願ってきたのだ。

だが、夢の国とは言え、働くとなればそう単純な話ではない。キャスト(従業員)となり、そこで働き続けるには、多くの従うべき秘密の規定や規則が存在する。

規則は、どこの企業にもある一般的なものから、なぜ存在するのか分からない変わり種まで様々だ。いずれにせよ、就業規則は非常に厳しく、大勢が数週間と保たずに辞めてしまうという。

以下はアメリカのディズニーランドのキャストにおける規則である。日本のディズニーランドも同じなのかどうなのかはわからない。

10. 爪の長さは0.63cm以下

従業員の身なりに関する規則は特に珍しいものではない。だが、ディズニーではそれをさらに一歩進めて、爪を清潔にしておくだけでなく、一定の長さに保つよう要求する。男性キャストなら爪が指の先端から出てはいけない。

女性キャストならそれより長くても許されるが、指の先端から約0.63cm以下と決められている。

9. 身長の高さは約165~177cm

身長による差別など普通なら許されないが、一定の職務を遂行するためにそれが必要なこともある。

警察官などが代表的だが、ディズニーにもそうした規則があるのは意外だろう。例えば、ディズニーでプリンセス役を演じたい女性は、実際のキャラクターの身長に合わせて約165~177cmでなければならない。

8. 「分かりません」と言ってはいけない

誰だって答えられないような質問はある。テーマパークを案内するキャストだってそうしたことはあるだろう。だが、ディズニーランドやディズニーワールドのキャストなら「分かりません」とは口が裂けても言ってはいけない。

ビジターの質問に答えられない時は、オペレーターに電話してサポートを得ることになっている。

7. キャラクターになりきる

ディズニーのキャラクターには個性豊かな性格や様々な設定が与えられている。こうしたキャラクターに扮するキャストは、映画に登場するキャラクターそのままの格好で、あらゆる点において本物と同じに振る舞うことが要求されている。

当然、ディズニーの世界の外で起きている雑事を話すことは禁じられ、サインを求められた時でさえキャラクターのものを真似なければならない。

6. 髪型に関する規則

守るべきディズニーのイメージの中には髪型も含まれている。行き過ぎと思う向きもあるかもしれないが、ディズ二ーの評判を落とさないために大切なことなのだ。

男性は「襟足とサイドをきちんと切り揃え、耳やシャツの襟にかかることのないよう、対照的に整えること」とされ、女性なら「クラシックで、手入れの簡単なスタイル」にしなければならない。

5. ゴミを回収する時には優雅にふるまう

ゴミが落ちていれば、ディズニーのキャストは誰でも拾わなければならない。こうしてパーク内が清潔に保たれるだけでなく、清掃員を雇う必要もなくなる。

だが、コスチュームに扮装したキャストはもちろん、そうでないキャストも「よっこらせっ」とばかりに腰をかがめてゴミを拾ってはいけない。あくまでキャラクターになりきって、優雅にさっと片付けなければならないのだ。

6. ピアスは禁止、タトゥは不快感を与えないもの

ディズニーのキャストは身体改造も禁止されている。これはピアスやイヤリング、耳たぶのストレッチング、皮膚移植などが含まれる。

ディズニーのキャラクターがしていないことがその理由だ。タトゥは許されているが、簡単に隠せて、不快感を与えないものであることが条件である。

3. 猫背は厳禁、いつでも品行方正に

仕事中の品行方正さはどこの従業員にも求められていると思うだろうが、ディズニーのそれは厳格さが違う。

コスチュームで扮装するキャストは携帯電話の使用が禁止され、さらに猫背や食事も禁止されている。また、普通のキャストでも、しかめっ面やだらしない姿勢は厳禁だ。

2. 自分の演じるキャラクターが何なのかを口外してはならない

アラジンや白雪姫、グーフィなど、ディズニーのキャラクターを演じるのは楽しいだろうが、自分の役柄を友達に話していけないのは辛いかもしれない。

また、ディズニーで働いていること自体は話しても問題ないが、それをフェイスブックやツイッター上で公開することは禁止事項だ。これはキャラクターの神秘性を保つことが目的である。

1. 指を差す場合は開いた掌か2本指で

人や物を指差すことは失礼だと躾けられた人もいるだろうが、ディズニーではそれを完全には禁止していない。

ただし、キャストが方向や場所を示すような場合、開いた掌か2本指でそうしなければならない。その理由は2つある。

1つは、ディズニーには世界中から人々が訪れており、そうした中には1本指での指差しをマナー違反と考える文化があること、もう1つは、子供には掌か2本指の方が見やすいことである。

出典:therichest

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス