記事提供:バズプラスニュース

アップル社の最新型タブレット『iPad Pro』(アイパッド プロ)が大きな注目を集めている。12.9インチのRetinaディスプレイを採用し、さらにCPUのパワーは『iPad Air2』の2倍だという。

すでに物欲が燃えている人も多いのではないだろうか?

・秘密は「木星」に隠されている

そんな『iPad Pro』の日本公式サイトに、隠された秘密があるのをご存知だろうか?とりあえず、『iPad Pro』の日本公式サイトを覗いてもらいたい。

そこには、『iPad Pro』の画面に映し出された木星が浮かんでいる。秘密は「その木星」に隠されているのだ!

・ほとんどの人がムービーだと思っている

よく見るとこの木星、グルグルと回転している(スマホやブラウザによって回転しない場合あり)。あまりにも美しい木星の姿。

ほとんどの人がムービーだと思っているようだが、実は違うのである。

・コードで書かれたリアルタイムな3D描画

この木星は、プログラムコードによってリアルタイムに3D描画されたものであり、回転しているのである! そう、実はムービーじゃないのだ。

さらに凄いのは、木星と一緒に衛星のイオも回転している点だ。もちろんそれもコードで書かれたリアルタイムな3D描画であり、ムービーではない。

・パソコンのファンが強烈に回転

『iPad Pro』の日本公式サイトをパソコンで見たら、急にパソコンのファンが強烈に回転しだし、熱くなったりしていないだろうか?

おそらく、それはこの木星を描画するためにパソコンのCPUに負担がかかっているから。

木星をリアルに表現するため、木星の表面は高精細なテクスチャ画像が使用されており、その解像度は4096×2048ピクセルで4K画質。イオにも高精細なテクスチャが使用されている。パソコンが疲れるのも仕方ない。

・法線マップのコードでシャドウ描画

まだ秘密が隠されている。木星やイオにはシャドウも描画されているのだが、それも法線マップのコードで計算してシャドウを付けており、リアルタイム描画なのである。

どうしてアップル社は木星のリアルさにこだわっているのか?『iPad Pro』に対するこだわりを感じてもらいたいのかもしれない。

・木星とイオのテクスチャ

ちなみに、以下が木星とイオのテクスチャ(表面画像)の元データである。シャドウを描画している法線マップも掲載しておく。

木星
イオ
法線マップ

・713グラムという驚異的な重量

『iPad Pro』は、わずか6.9ミリの薄さを実現しており、さらに713グラムという驚異的な重量となっている。

よりインフォメーションとコミュニケーションに活用できる、素晴らしいタブレットといえよう。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス