記事提供:WAVAL

野球映像の定番とも言える珍プレー好プレー特集。もちろん、サーフィンの世界でも、これって本当!?って思える映像が稀にですが登場します。今回の映像こそ、まさに珍プレーではないでしょうか。

サーファーは、オーウェン・ライトの弟であるマイキー・ライト。映像を見て頂ければ分かる通り、ライディング中にワイプアウトしてボードは後方に飛んでいき、その後ボディサーフィンをします。

ここまでは、さほど珍しくないですね。とんでもないのは、ボディサーフィン中に再びボードを取り戻してテイクオフしちゃう点です。

この映像がネット上にアップ後は、絶対にフェイクだとの意見が多数を占めました。そこで、海外サーフメディアがマイキー本人にインタビューしてみると、これはリアルだそうです。

ボディーサーフィンしてる時に、ボードが体の近くまで跳ね返ってきたので、思わずボードを掴んで乗ったとのこと。

マイキーのコーチであるアンディ・キングが撮影したとのことで、アンディは「マイキーは第六感のあるアスリートだし、体の半分は魚みたいなもんだからできたんだよ」と語っています。

ちなみに、このライド後にパドルバックし、一緒にサーフしてたミック・ファニングなどに話したけど全く信用されず、海上がりに映像を見せると言葉を失ったそうです。いくらワールドチャンピオンでも、真似できる芸当じゃないですよね。

動画はこちら

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス