記事提供:バズプラスニュース

なにかと話題のマイナンバー。欧米におけるIDと同じようなもので、日本国民であれば、必ず発行される12桁の番号である。この番号がある事で、行政機関や公共団体が個人を管理しやすくなるメリットがある。

・まだ配送が完了していない地区もある

2015年11月12日現在、すでにマイナンバーを知らせる通知カードが市区町村から郵送されていてもおかしくない時期だが、いまだに届いていないケースが多々あるようで、困惑している人が続出している。

市区町村によって配送時期が違い、配送を完了している地区もあれば、まだ配送が完了していない地区もある。

・マイナンバー通知カードが届かない人たちの声

「マイナンバーまだ届かないんだけど」
「マイナンバーって全然届かないんだけど本当に来てるの?」
「てかてか!うちまだマイナンバー届かないんだけど…」
「マイナンバー全然届かないし、世捨て人なのかもしれない」
「気づけば11月もそこそこだけどマイナンバー届かないね?」
「ちなみにマイナンバーが届かない」
「マイナンバーが届かない。はよ、はよ」
「マイナンバー届かない奴に人権はない世界」
「妹にはマイナンバー届いたのに僕はオタクだからまだ届かない」

・発送されたか今すぐ確認する方法

今回は、マイナンバー通知カードが届かず困惑する人たちのために、「マイナンバー通知カードが発送されたか今すぐ確認する方法」をお伝えしたいと思う。いますぐ、パソコンやスマホがあれば簡単に調べられる。

・通知カードの郵便局への差出し状況を調べる

地方公共団体情報システム機構が管理しているサイト『個人番号カード総合サイト』にアクセスし、『通知カードの郵便局への差出し状況』のページに行くと、北海道から沖縄まで、全国の市区町村の発送状況を確認することができる。

自分の地区にマイナンバー通知カードが発送されたかどうか、すぐにわかるのだ。

・郵便局への差出完了時期

たとえば北海道札幌市厚別区は2015年11月10日、東京都新宿区は2015年11月8日、東京都千代田区は2015年11月10日、静岡市葵区は2015年11月9日、大阪市旭区は2015年11月8日までに、郵便局への差出を完了している。

差出完了日の記載がない場合は、まだ発送が終わっていないことを意味する。

・差出日から20日以上かかるケースあり

「もう届いてもおかしくない時期なのに届かない」という場合も、あせってはいけない。差出日から届くまで、20日以上かかる場合があるからだ。

差出から1ヵ月後に届く可能性もある。つまり、2015年11月8日に差し出された場合、2015年12月8日まで届かないこともありえるのだ。

・不在時の対応はこちら

また、不在時にマイナンバー通知カードが届けられた場合、簡易書留ご不在連絡票(マイナンバー通知カード専用)がポストに入れられているはずだ。その連絡票を使って、郵便局の再配達サイトから再配達を申し込むことができる。

・チェック先まとめ

・郵送事故の可能性があるケース

上記の方法で調べたにもかかわらず、適切な時期に届いていない場合は、郵送事故か、なんらかのトラブルが発生している可能性がある。市区町村に問い合わせてみたほうがいいだろう。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス