記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

家庭を大事にしなくても稼げますよ?

一緒にいたいという妻の声を『仕事だから仕方ないだろ!』と一喝し、甘えたい子どもに『大人は大変なんだ!』と突き放し、やりたいこともやらず、人のために、顧客に合わせて、休みも無く働けば、そりゃあ収入は増えるでしょう。

幸せかは知りませんが。

この前紹介して大反響だった美容師の友達男性の記事。その質疑応答してる時も思ったけどね、ほんとーに悪気が無い。ただし、頭は悪かったですが

※悪いってのは、ちゃんと自分の意思で考えずに常識に流されていたということ。

『家族と楽しく過ごすためにはお金が必要だから家族を犠牲にして働いてる。でも家族はただ一緒にいれば幸せだと言ってるって事ですか?』

と質問した時の彼の表情が全てを物語ってました。

『!!!しくじった!!!』的な。

彼がそこから凄かったのは、速攻で営業時間短縮の決断をして実行したこと。

もう、最高です。

そんな男のところに人が集まらないわけないでしょ!!!

今日後ほどお話ししますが、【自分→パートナー→家族→顧客→友人知人→外の世界】と影響範囲は拡大しますが、初っ端が不安や義務感からの行動ならその枠が拡大するし、楽しさからの行動ならその枠が拡大します。

すごい単純だけど、一番忘れがちかも知れません。

以前投稿が目に入ってドン引きしたのが、自己啓発セミナー講師の男性が妊娠してて子育てしてる奥さんを1人家に残して、『収入アップセミナー』の打ち上げで深夜帰りしている投稿でした。

つわりで苦しんでる投稿を奥さんが同時期にしていたのに、です。

その男性はうんこ以下だと思いますが、うんこ以下の男性に対して『仕事だから仕方ない』と自分一人で必死に子育てしてる妻はうんこ以下以下です。

パートナーがいるのに自分の大変さや弱音をそこに吐き出さずにFacebookに投稿してごまかしても、他人の同情が得られるのが関の山。

パートナーが変わるわけ無いじゃないですか。

【家族を大事にビジネス論】を読んで旦那を批判したくなる方も多々いらっしゃると思いますが、そんな旦那を育てたのはあんただからね。

そこにいちいち『悪気は無いから』『稼いでくれてるから』『アダルトチルドレンだから』と遠慮して本音をぶつけなかったら、いつまでたっても男性は自分のおかしているしくじりに気づいたりしませんよ。

根本原則の復習です。

◇女性は自分に尽くすこと、自分のネガティブも含めて全部自分で愛することで周りからもそう扱われるようになる。

◇男性は自分の本音も感情も大切にした上で女性に尽くしていくと、女性が幸せになることで自分も満たされる。

※自分が自分に敏感になっていないと相手を察せないので、的はずれな仕事ハッスルとかやっちゃう

ただそれを繰り返しての、今です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス