なんとも不思議なもので、自分自身が心の奥深い所で求めていたり感じている事が、突然自分とは別の誰かによってそれが言葉にされていたり形にされていて、ふと自分の目の前に現れるという事はよくある。

今から紹介する話はまさにそんな話。
僕自身に舞い降りてきた君の人生の優先順位をよく考えなさい、というアドバイスのようなお話です。



ある大学でこんな授業があったという。

「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。 「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。 そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。 そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
 それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれでいっぱいになったか?」

学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」 一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」

君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。 それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。

ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。

それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。 もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、 君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。

そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。



仕事に忙殺されて我を見失っていた僕にとって、この教授の言葉は僕の心の深い所に届いた。
今まさに砂利や砂で満杯になろうとするところだった僕の壺に少しの余裕が出来たようだった。

人生の優先順位。

とても難しい選択だとは思う。
このご時世、自分の感情だけでは解決できない問題もたくさんある。

それでも忘れてはいけない事。

人生には限りがあるという事。

自分だけじゃない。

家族や友人の明日でさえ保証されていないという事。

壺の中身を少しずつ整理していきたいと思います。

この記事を書いたユーザー

Mr.fly このユーザーの他の記事を見る

2015年に結婚。
これからの家族との生活。仕事との向き合い方。
そんな誰もが感じる日々の生活の中で喜びや不安や迷いを拾いながら、本当の意味での豊かな生活というものを模索していきたいと感じている。
現在28歳。趣味は音楽を聴くこと、スポーツを観戦すること、あと、なかなか行けないけど釣り。

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら