閉店間際のペットショップのショーケースに入っていた子猫のしぐさが可愛すぎると話題です。

この動画を見たネットの声は
・泣けてくる( ; _ ; )
・俺が連れて帰るわ
・こんなん見たら泣いてまうやろ…飼うたれや…
・何とも言い難く心が痛いな・・・
・連れて帰りたくなる。たぶんこれされたら有り金はたいてしまいそう。
・生きたい!生きたい!って、命の咆哮に見える。。
と、可愛いと思う反面、辛すぎる、切なすぎると心を痛める方が多いようです。

ペットショップのショーケースに入れられている子猫

出典 https://www.youtube.com

ケースの中に入れられ、少し寂しそうな子猫ちゃん。
小さくてかわいいです。
落ち着かないのかケース内をうろうろ。

目が合いました。こちらをじっと見ています。

出典 https://www.youtube.com

「にゃ?」こちらを向きました。大きくつぶらな瞳が印象的。

ガラスに肉球をピッタリつけて前のめりな子猫

出典 https://www.youtube.com

ガラスに寄りかかり上を見上げます。「外に出たいにゃ」と言っているようにも見えます。

「ねぇねえ」と語りかけてくるかのようにこちらを見つめる

出典 https://www.youtube.com

そしてガラスの向こうの人たちにアピール。

「買って買って」の猛アピール!こちらへめがけてジャンプ

出典 https://www.youtube.com

全力でピョンピョン飛び跳ねて、前足を一生懸命動かし始めます。

とにかくジャンプジャンプ!動きが可愛すぎる

出典 https://www.youtube.com

後ろ足でピョンピョンはね、前足をバタバタと動かくすその動きが反則レベルのカワイさ。
キュンキュンして「買ってあげたい!!!」となってしまいます。

「にゃんでにゃんで・・・」とさみしそうな表情

出典 https://www.youtube.com

「もうすぐ閉店、自分はどうなっちゃうの?」
ペットショップが閉店することをわかっているかのような子猫の表情、とっても切ないです。

動画はこちら

出典 YouTube

う、動きが可愛すぎる!!!!
精一杯アピールする姿がキュートです。
でもこの子猫、誰かに買ってもらえたのでしょうか?

この動画を見た多くの方は「かわいい!」「買ってあげたい!」と素直に思った反面
「閉店したペットショップに置かれていた動物たちはその後どうなるの?」と疑問に思うようです。

一般的に、閉店が決まると別のペットショップに引き取られたり、セールになって売れたり、またはブリーダーの方に引き取られたりするケースもあるようですが、やはり多くが保健所に運ばれ「殺処分」されています。

動画の子猫からもわかるように、日本では多くのペットショップで「ショーケース」に動物を入れて販売しています。そう、彼らは「商品」なのです。
売れない商品は処分されても仕方ない、そのようなことが現実で起こっていて、その現状に疑問を持つ方も多いです。
初めてペットショップで働く方は、売れ残って処分される動物たちを見てショックを受ける方も少なくありません。

日本ではショーケースで販売されることが多い動物たち

出典 https://i.ytimg.com

日本では当たり前の光景。しかし、実はこういったショーケースを利用した販売方法は海外では主流ではありません。
ショーケースに入れて動物を販売することを禁止している国もあります。

特に生後間もない子犬や子猫を母親や兄弟と引き離すのは良くないという考えが多く、ある程度大きくなるまでは家族と一緒に過ごすことが多いようです。

また、幼少期に家族から引き離された動物は、ストレスや生活の乱れから病気や障害にかかってしまうことがあるという意見もあります。

もし、ショーケースに入れられているのが自分だったら想像してみる・・・

Licensed by gettyimages ®

もしショーケースに入れられているのが人間だとして、「ペットショップ」ならぬ「人間ショップ」で商品として扱われていると思って想像してみます。
・生まれてすぐ、親から引き離され、独りぼっちに。
・狭い狭い部屋でじっと過ごす。まるで監獄の中。
・若くてピチピチしている子が人気!売れる!
・顔がかわいい、スタイルがいい人、血統がいい人が高く売れる!
・歳をとってきたら商品価値がなくなる。ブサイクはもちろん売れ残る・・・。セールに出される。それでも売れなかったら処分!

・・・どうしよう、自分なら処分されそうな気がする。
こんな人生辛すぎます。こう考えるとゾッとしますね。

猫も犬も人間も、みんな命ある生き物

Licensed by gettyimages ®

今回紹介した動画で元気いっぱいに動く子猫も、このまま売れないと殺処分されてしまう可能性があるのか、と辛い気持ちになりますね。
ウワサでは別の店に引き取られたとの声がありますが、確かな情報ではありません。

彼らも生きており「命」があります。こういった現状を前にその命の重さが軽視されているのではないか、と改めて感じさせられますね。
ペットショップに行ってかわいい動物たちを見るたびに、考えさせられてしまいそうです。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス