米フロリダ州ワーリントンで路上生活を送る56歳のホームレス、ジョン・マスターズさんの書く風景画や生き様がSNSなどで話題になっていましたので詳細をまとめました。

ジョン・マスターズさんとは

米フロリダ州ワーリントンで路上生活を送る56歳のホームレスです。路上で風景画などを描いて販売して生計を立てているようです。

ホームレスになった理由

船を自宅にして暮らしていたというJonさん。停めていた場所が違法なところだと気付かずに逮捕されてしまい、さらに船に穴が空いており、留置所から戻った時には沈んでしまった

出典 http://getnews.jp

海外ではヨットを自分の家として生活している人がたくさんいます。ジョンさんもその一人でした。しかし、ジョンさんが船を泊めていたところは公的な場所ではなく私有地だったため不法侵入となり2週間留置所に入れられてしまいました。そして釈放された時、船が沈没するという不運が重なり、家がなくなりホームレスとなってしまったようです。

絵を描き始める

彼は「助けて欲しい」というメッセージボードを路上に掲げ、40米ドルを集めました。
そして、彼はそのお金で絵の具を購入し、絵を描きはじめました。

出典 http://tabi-labo.com

全てを失ったジョンさんですが、ポジティブな彼は以前ユーチューブを見ながら独学で勉強した絵を書いて生計を立てることにしたのです。

ファンタジーで面白い風景画

ジョンさんが描く風景画は、単に風景をそのまま絵にしたものではなく、色合いも想像力に富んでとても幻想的だ。こんな美しい風景画を、あっという間に書き上げてしまうとは驚きだが、25~45ドル(約3000~5400円)の値を付けた絵は、1日に3枚ほどのペースで売れるようになったとのこと。

出典 http://www.excite.co.jp

ジョンさんの風景画は色合いや形などとてもファンタジーなものが多くて人気があります。しかもその風景画を描くスピードが速いと話題になってもいます。

ジョンさんの書くファンタジーな風景画

どの作品もYouTubeのチュートリアル動画で絵画を見ただけの独学とは思えないクオリティーです。しかも、ファンタジーな風景がということも有りジョンさんの想像力の豊かさも感じられる作品です。

ホームレスがやる気を出した

自分のちょっとした才能を活かして収入を得ようと頑張るジョンさんの姿勢は、他のホームレスにも良い影響を及ぼしているようだ。彼をお手本に特技や趣味を活かして、自分で何かやってみようと刺激を受けているホームレスが増えているのだそうだ。

出典 http://news.biglobe.ne.jp

ポジティブにホームレス生活を送るジョンさんの姿を見て、今までは物乞いしかしてこなかったホームレスが自分で何かをして稼ごうと努力し始めるようになってきたようです。

Jonさんは現在、絵を販売して得た利益をホームレスの人たちとのコミュニティづくりに使っているのだとか。そして、彼は今日もたくさんの人に刺激を与えるため絵を描いています。

出典 http://getnews.jp

現在ジョンさんはホームレスの人たちとコミュニティーを作り様々な物を作り出す努力をしているようです。

日本で、ホームレスと言えば差別的に汚い人というような印象を持つ人が非常に多いと思います。私もそう考えてしまいます。ジョンさんの話を見ているとどうしてそうなったのか?という点に着目することで、やる気のあるホームレスの人を改善させる方法があるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス