出典 http://ameblo.jp

記事提供:Techinsight

ジャニーズのものまねで人気上昇中のジャガーズが『SMAP×SMAP』に初出演を果たした。

彼らのものまねを初めて見たSMAPメンバーは爆笑しながらも感心しており、ポイントをつかんだパフォーマンスは木村拓哉が「Youたち素晴らしい!」と認めたほどだ。

中居正広がMCを務める日本テレビ系のバラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』にジャガーズが出演して、中居をはじめSMAPメンバーのターンの違いなどをものまねしたのが9月16日のことだ。

11月9日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)にて“ちょっとだけ会いたい人”のコーナーで、中居が「僕がSMAPにちょっとだけ会わせたい芸人さん」とそのジャガーズを呼んだのは、その時に見たものまねがきっかけだという。

早速、ジャガーズ兄弟が「Hey!Say!JUMPのコンサートで、空中浮遊のワイヤーを付ける動きすらカッコ良く見せるジャニーズJr.」や「Sexy Zoneのコンサートで、衣装の早着替えを完璧にサポートするジャニーズJr.」などジャニーズJr.のものまねを披露。

大ウケした木村拓哉が「素晴らしい!Youたち素晴らしい!」と絶賛すれば、中居正広は顔を腕に埋めて「バカだねこいつらっ」と笑っていた。

今年の5月19日に放送された『ものまねグランプリ~なるか世代交代!炎の下克上スペシャル!~』(日本テレビ系)で優勝したジャガーズは、やはりジャニーズJr.のものまねシリーズを見せていたが、

今回はSMAPメンバーの“ダンスの違い”や“Vサインの違い”を『$10』(テンダラーズ)と『BANG!BANG!バカンス!』に乗せて披露。特徴を捉えたものまねをSMAP本人もニヤニヤしながら楽しんだ。

SMAPが大好きというジャガーズ。兄のちーやんがそのきっかけを語った。彼が11歳だった1988年、光GENJIが大人気の頃だ。

雑誌で香取慎吾が同年齢と知って「僕もジャニーズに入りたい」と思うようになり、光GENJIのコンサートで合間に出てきて歌うSMAPのものまねを弟とやっていた。

家でミニコンサート風にものまねを見せる時には、兄がSMAPメンバーで弟はジャニーズJr.役というパターンが出来ていた。

実は今回も披露した「Sexy Zoneのコンサートで、衣装の早着替えを完璧にサポートするジャニーズJr.」のものまねは、1988年の『第39回NHK紅白歌合戦』に光GENJIが出場して『剣の舞』を歌った時にSMAPがやっていた仕草だという。

ジャガーズのものまねの原点はSMAPなのだ。

今ではジャニーズJr.ファンとして知られるジャガーズに「Jr.のなかで気になる子は?」と聞くと、

弟のジャガーともひろは「関東では岸優太くん。男らしいけど可愛さもあり、ドラマの主演もやってる。関西では向井康二くん、しゃべりもできるし」と答え、兄は「平野紫耀くんと、ぬいぐるみが好きな田島将吾くん」と答えた。

さらに2人は、中居正広が『舞祭組』をプロデュースしたことを「めちゃくちゃ嬉しい!」「本当にありがとうございます!」と感謝している。

Kis-My-Ft2が長い下積み時代を経てデビューしたのも嬉しかったが、そのなかで目立たなかった4人が出てきたのでさらに歓喜したという。

そんなジャガーズを知って、香取慎吾が「嬉しいよね、こんなに好きでいてくれて…」と感激する一方で、中居正広は「そう?俺は気持ち悪いんだけど」と笑わせた。

兄のちーやんは放送後に『トークアプリ755 ジャガーズ ちーやんのトーク』で収録の裏話を明かしている。実際には40分ほどSMAPとトークしており、観覧客もいない部屋で憧れのSMAPと対面しただけに相当緊張したそうだ。

本番前から「どうにか、Jrの名前をSMAPさんの前で言ってみよう!」「放送で使われたら名前が広まるし!」と考えており、放送では4人の名前が出た。

しかし、十分ではなかったらしく「本当はもっといっぱいJrの名前を言いたかったのですが、またチャンスある時に!」と願っていた。

今回の『SMAP×SMAP』出演の反響は大きく、ブログやツイッターには多くのコメントが寄せられている。これで人気が高まって、いずれ“BISTRO SMAP”に登場となれば、もっと詳しくジャニーズJr.の話ができそうだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス