世代や地域、年代によっても美しさの定義って変わっていきますよね。今回ご紹介するのは、ブラジル人女性の美しさを年代毎に振り返っていく動画です。

60秒間の中に100年分の歴史が詰め込まれていますので是非ご覧ください。

1910s

ショートカットにパーマ?といったオーソドックスなスタイルですね。

1920s

化粧は少し濃い目になり、頭には巻物で飾りつけをしています。

1930s

髪を編むという文化ができてきました。

1940s

10年おきに頭に装飾するのが流行っているようです。1週周って新しいとはこの事なのかもしれませんね。

1950s

1910sと似てかなり落ち着いた雰囲気になってきました。

1960s

現代でも見かけるような、ロングに前髪ぱっつん。この辺りから現代に近づき始めてきました。

1970s

大きな変化はありませんが、化粧がやや薄くなり明るい雰囲気が出ています。髪はロングですがストレートではなくウェーブ掛けるのが流行っていたようです。

1980s

ロングウェーブな髪をオールバックにしたワイルド系です。大きなピアスも注目です。

1990s

しっとり穏やかな感じになってきました。ミディアム程の長さの髪はポニーテールになっていますね。

2000s

かなり現代っぽくなってきました。女優さんのようなストレートな髪で、おでこは見せるのがスタンダードです。

2010s

ハリウッド女優のような髪型にナチュラルなメイク。現代風な濃すぎないメイクですね。

100年分の移り変わりを振り返ってみましたがいかがでしたか?個人的には1990sのような髪型が好みです。笑

これから先100年分がどう移り変わっていくのか。しぶとく見届けていきたいですね!

▼ブラジル100年分の美の歴史を60秒で振り返った動画はこちらから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス