大阪府と兵庫県の境にある、関西の玄関口「伊丹空港(大阪国際空港)」で撮影された4枚の飛行機の離陸写真が、とても美しくてまるで絵画やCGのようだと話題になっていました。

こちらのツイートは、投稿から2日間で3万近くのRT(リツイート)と、4万超えのイイね(最近使用が変わった♡ですね)が集まるくらい話題になっているんです。

離陸飛行機“最高傑作”の4枚

これは確かに最高傑作の名にふさわしい4枚ですね!

合成もなにもなく、一枚で仕上げた写真なんだとか。

伊丹空港の南端を走る千里川の土手から撮影したんだそうですが、ここは関西では有名な飛行機撮影の聖地なんだそうです。

写真を始めて3年のフォトグラファーさん

撮影したのは、滋賀県在住のTakahiro Besshoさん。

東京カメラ部2014年10選、第63回ニッコールフォトコンテスト準特選、御苗場オーディエンス賞1位(2014関西)、NBP Asia入賞などの経歴を持つフォトグラファーさんで、花火や飛行機、紅葉などの撮影が得意なんだそうです。

本格的に撮影を始めたのは3年前というから驚きですね。

その他の作品も見てみましょう!

そんなTakahiro Besshoさんの写真作品を、せっかくなのでInstagramからもチェックしてみましょう!

構図から見て、これは琵琶湖の花火かな?滋賀県在住ということなのできっとそうかなぁ…。

これはどこの花火だろ?めちゃくちゃきれい…。

嵐山の竹林かな?

清水寺ですね。

滋賀の湖東のマキノにあるメタセコイア並木かな。映画のワンシーンのようです。

佐賀インターナショナルバルーンフェスタの様子。

幻想的な工場夜景。

これで、本格的に撮影を初めて3年とは思えないですよね…。

こんな幻想的で素敵な写真を見ることができる、Takahiro BesshoさんのTwitterやInstagramも是非チェックしてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス