記事提供:Doctors Me

医師をはじめとした専門家が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「昔に治療した銀歯が汚れてきたのでそれをきれいにしたい」「笑った時に奥歯の銀歯が見えるのが嫌」という理由などで多くの方が歯科医を受診しています。「どうせなら白い歯がいい」と言う方が多いと思いますが、歯の材料(色)の違いや、それを選択する上でどのようなことを知っておけばよいのでしょうか?

今回は歯の被せ物や詰め物の種類について、歯科医師に解説していただきました。

保険内診療でできる銀歯、その強度は?

保険内診療では通常銀歯が選択されます。この銀歯は金12%パラジウム20%などが含まれる金銀パラジウム合金という歯科用金属が使用されています。比較的安価であり、削った歯を補う強度も十分ありますが、年数が経つと、使用している金属が劣化または腐食してくることもあります。さらには、その劣化した銀歯と歯の境目から虫歯になることになります。

保険適応外の金歯は虫歯になりにくい!?

使用する金(通常純金ではなく歯科用金合金など)の展延性が優れているという特性上、削った部位とその金属の適合性が経時的に良くなるといわれています。そのため、通常インレー治療などでは詰め物と歯の間からまた虫歯になることがありますが、ゴールドインレーと歯の隙間からは虫歯になりにくいといわれています。金そのものは腐食しないのと、金そのものではアレルギーを起こしにくいといわれています。

白い歯にするにはどんな方法がある?

【保険内】
前歯・臼歯(きゅうし)に使用され、比較的小さい虫歯を削った部位にコンポジットレジンという歯科用樹脂(プラスチック)を詰めます。治療は通常1回で終わりますが、歯の光沢感・透明感は出にくいのと、給水性があるので経時的に着色や劣化があります。

【保険外】
ハイブリッドセラミックは、セラミックと歯科用樹脂を混ぜた材料を使用し、セラミックに近い硬さがあります。光沢感・透明感が出るので、天然歯の質感や色の再現性があります。 咬み合う歯をすり減らす事は少ないのですが、金属と比べれば弱さ、脆さはあり、咬み合わせによっては欠けたり、割れたりすることもあります。そして、オールセラミックに比べ、表面が粗いためやや汚れがつきやすいです。

オールセラミックはハイブリッドセラミックより硬く、見た目は天然歯に大変近いものです。セラミック自体が劣化しないため、オールセラミックインレーと歯の隙間からの虫歯はなりにくくなります。しかし、歯ぎしりなど強い力が加わると欠けたり、割れたりすることもありますので、咬み合わせが強い部位には適さないかもしれません。そのために、咬み合わせによっては、歯を多めに削ることもあります。

知っておきたいのは、経時的に天然歯は少しずつ削れていきますが、セラミック自体はほとんど削れることはなく、むしろ咬み合う歯を削ってしまいます。

≪口の中がネバつく?それ、ドライマウスになってるかも≫
口臭や口内炎の原因にもなるドライマウス、おクチの乾燥度はココで分かる!

【歯科医師からのアドバイス】

保険内や保険外の選択から、保険外でも色や材質の選択までいろいろあります。それがご自身の治療した歯に適した材料だと、その歯を最適な状態で長持ちさせ、それと咬み合う歯、さらにはお口全体の咬み合わせのバランスを崩すことなく、この先快適に過ごされることと思います。

また、多種類の金属が口腔内に入っているとそれが金属アレルギーの原因にもなるとされています。どの材料で他の歯が治療されているか、全体の咬み合わせはどうかなども見ながら、治療する歯に適した材料を歯科の先生と相談して選択されるといいでしょう。

(監修:Doctors Me 歯科医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス